まだ、暑さ、戻らず

今日も本格的な暑さには戻りませんでしたね

そんな日曜の今日、秋カボチャは久しぶりに、TOEIC 第164回 を受けました
”あるスコア” が欲しくて、これから複数回受けて1回でもいいから到達しようと思ってます
先は長いか短いか・・・



テスト会場は、テストの思い出を良くも悪くもする要素の1つですが、今回は前回よりもさらに遠く・・・ 有明TOCまで行かされた!

距離的な遠さと物理的な遠さを比べたら、物理的(つまり交通の便、電車の本数が少ない、最寄り駅から徒歩10分 などなど)なのが断然嫌だから、まあ距離的には遠いけど、交通はラクチンだから我慢しないとね


(栃木で飲んだバナナビール!)


音声が問題ないか? など会場チェックがあります
ビックリしたのが、十分聞こえてると私は思ったけど、「聞き取りにくい」 という申し出があったらしく、音が更に大きくなりました

また、「暗い」という申し出もあったみたいで、節電対応にはなってないと思うんだけど、感じ方は様々



しかし空席が目立ったなぁ
ケチな私は絶対行く! 払ったらせめて受けないと!

・・・と前の数席が空いているので視界良好、気分を良くしていたら、規定時間から遅れて若い男が入ってきて

 「ム・・・ たばこ臭い・・・」

幸い、テスト中は匂ってきませんでした
スポンサーサイト

微妙な違和感

今日から英語学校の新しいクラス(週2回、19時から20時45分までの105分ずつ、計36回)がスタートしました 

進級テストつきで、宿題(予習&復習)がバッチリ必要で、しかも6人しかいないのでバシバシ当てられるクラスです
ということで更新も滞りがちになると思いますが、温かく見守ってやってくださいまし・・・



いままではネイティブのクラスだったので、ファーストネームで呼ばれてました
去年秋のライティング、そして今日からのクラスは、講師が日本人・・・ということは、授業中は苗字で呼ばれるわけです

婚前が 秋カボチャ
結婚して 春カボチャ 

になったと仮定
します

そうするとネイティブクラスでは
 「カボチャ?」
 「Yes」
と答えていたところが、講師が日本人だと
 「春さん」
 「・・・ハイ」
となるわけです(とうぜん)



これがモノスゴーク 違和感あるんだよなぁ(微妙なんてもんじゃない)

その理由として、ビジネスでは旧姓 (個人的には「芸名」と呼んでますの ホホホ) で通しているため、日中会うあらゆる人、そして仕事上かかわりのある行政当局の人にとっても、私は 秋カボチャであって、春カボチャではないからなんですの

だって勤め始めたときは未婚だったんだから当然だよねえ・・・



会社(まもなく勤続10年)に愛想が尽きたら同業他社に転職しようと思っているけれど、さっきおフロで恐ろしいことに気付きました

 「最初っからアタシ、『春カボチャ』になっちゃうんじゃん?」
・・・ということで、転職については考えが一瞬にして変わりました(<単純)



パスポートはしばらく旧姓で虚偽渡航していたけど一昨年作り変えたし、クルマ乗らない免許証は当然春カボチャだし、春に侵食されつくすのも目前ですな

結婚してオットの姓を名乗るのが嬉しいという女性がいることは知ってるし、その人の感情は尊重するけど、嬉しいとか嫌とかじゃなくて、単に
 「ダレ? あ、アタシか」
という違和感(不慣れ感)があるということです
キャッシュカードやクレジットカードの名義変更も面倒だしね


銀行や郵便局では
 「春さぁん、お待たせしました~」
 「春さん、呼んでるよ・・・ あ、アタシだ! ハ、ハイ!」 てな具合です



 「アタシだけじゃないよね?!」

ガイジンに指摘されたこと 他

先週は単なるアクシデントで、2組ほどガイジンを東京案内しました・・・
それでもって気付いたこと指摘されておかしかったことを書いてみまーす



? 2日連続で聞かれた、この時期おきまりのもの

 「どうしてみんなマスクをしているの?」
 (あー来た来た 私はマスクしないんだよね その私が駅で『一種異様な雰囲気』と思うくらいだもんね)

 「この時期はね、スギ花粉のせいでカフンショウ(pollinosis)になる人が多いんだよ」
 「大気汚染かと思ったわ」
 「・・・・・」 (高度成長期じゃあるまいし・・・)


? 日本ではアナウンスが多すぎる

<例:「優先席付近では携帯電話の電源をお切りください」>
 「あれはどういう意味?」
 「心臓のデバイス(ペースメーカーという単語をど忘れ)に悪い影響を与えるからだよ」
 「僕もスイッチオフしないとだめかな?」
 「誰もやってないからいいよ」 (←ホントか?!)


? 日本では飛び込み自殺が多すぎる

山手線の液晶表示が面白いらしく見入るスペイン人ふたり
 「アクシデントで遅延か・・・」
 「どんな種類のアクシデントかわかる?」
 「イマジン? ムリ」
 「自殺 飛び込み」
 「アンビリーバボー」
 (アタシもです)


? 日本のオバチャンは傍若無人?

ある駅でドドド・・・とオバチャン×2が乗り込んできて、スペイン人(男)を押しのけて座席へ突進
 「ん?」
 (あ~恥ずかしい 外国だったら、ぶつかったらsorryくらいいうもんなあ)


? タダで手に入るもの

 「ハイ (テレクラ)ティッシュどーぞー」
 「買う必要ないよ」
 「ほんとね!」
 (日本語は読めないから、何のティッシュか分からないままでいいや・・・)


? 新宿は「ある黒くてデカいもの」にとって居心地がいい

 カァカァ
 「随分大きいわね」
 「新宿には食べ物(生ごみ)がいっぱいあるからね・・・」


? 日本はやっぱり誤解されている

日本くらい先進国なのに安全な国もないと、各国を旅してきて強く思うのだが・・・
 「こんなに人がいっぱいいて、東京は安全なの?」
 「ウン、安全だよ」
 「でも注意して」
 「ハハハ」
 「悪い外国人もいっぱい住んでるから」(←違法ドラッグ売ったりとかね)



 まったね~♪

豊かな日本語表現

今週の(英語の)宿題は、ひたすら接続詞!

飽きたので日本語で元気を回復することにしましょう!























 「イチゴちゃんのオンパレード いかが?!」

足載せると落ち着くんです・・・

ちょっと古い話ですが、やっと新しいアメリカ大統領が決まりました

で  「しまった・・・ 出遅れた」

と気付いて バラク・オバマ氏の自伝 を買うことにしました

正タイトル
The Audacity of Hope: Thoughts on Reclaiming the American Dream
 (<クリック)

楽天ブックスは売り切れ 
amazonで発注、そのうち届くでしょう♪ (読めるのか?というツッコミはご遠慮ください)




さて我らが党首、こんなことしてました




近づいてみるとこうなんですけど・・・





 「みんな、わかる? アタシが何してるか・・・」






載せると落ち着くらしい
サンポから帰ってきてダッコして足拭いてると、違う足を  の腕に載せる・・・

 「コラッ! 拭いてない汚いアンヨ載せるな!」
 「だって安定するもん♪」
プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR