秋カボチャ、お四国に行く

またしばらく停滞していたブログ (この先も怪しい)

その間に秋カボチャは 「お四国」 (お遍路参り) に行ってきました
あ、でも ミーハーなやつ ね
歩かないで車で回るの・・・ そんな時間ないし

べつに願掛けとかの目的じゃなくて、回りだしたら制覇したくなった、という単純な理由なの
まじめにご朱印を集め始めてまだ30弱かそこいらですが、これまでの四国の旅行4、5回目くらいで4、50近く回ったかな?



今回は徳島市に程近い、四国一番札所、霊山寺からスタート


なんかもうすこしマシなマネキンなかったのかなぁ
旅行中はいつも、こういうキワモノを探してますが、なかなか ツボ なのないですわ


ここの売店のガラス戸に 「八十八箇所回りきった」 (結願 けちがん、というらしい) 人たちの顔を載せたポスターがあって、物好きな白人たちも歩いているらしいんだけど、ある白人のコメントが

Peaceful place, very peaceful place
 とあって、今回実際私もそう思いました

四国いいですよ♪



小僧たちの顔がとってもコワい・・・ コワいよぅ



二泊目に泊まった、徳島・祖谷 (いや、と読む) の小便小僧
えらく崖下になさってるのね・・・



脇町というところの和風カフェ
最終日は雨がジャージャー降っちゃって、朝からカフェでまったり



大鳴門橋

天気はよくなかったので眺めイマイチだけど、この橋、とても美しくて力強さを感じました
「これぞ我らニッポンの技術!」 てね



 「ダイジェストでお届けしました!」
スポンサーサイト

GW四国の旅 祖谷のかずら橋と、サムい観光ケーブルかー

ということで、四国2日目、徳島は祖谷の ホテルかずら橋 さんに宿泊しまーす!


怒涛の 足摺-ジョン万次郎くろしお社中展-高知市内-寺めぐり を経て、やっと徳島に着きました

ここはおフロがまたね、いいんです
ケーブルカーで上って入る露天風呂があるんですの



緑のレールをぐいーんと登って行きます モノレールは10人まで乗れて、所要1分半
部屋の前を通ってました

内風呂は乗り場の階に別にあります 結構サムいので、内湯で温まってから露天に行かれる方もいるそうで




ここのお宿にした決め手は、おフロもそうですが、ご飯が囲炉裏端です
スペースは広く、大食堂で詰め込まれて食べるという雰囲気ではマッタクなし、とても寛げました

仲居のオバちゃんがたも、みんな気さくで、いろんなお話をしてくれます


また 夕食前、寝る前、起きてからおフロ入りました
露天のお湯はちょっと熱くて、天国みたいに気持ちよかった~
(ナント脱衣所もお外でして、寒いんです 標高が高いですから)



朝ごはんを食べてから、オットとケーブルカーに乗って露天風呂エリアへ写真を撮りに
もうこんな時間なので、誰も入ってません
ほかにも赤ちゃん連れのお父さん&じいちゃんも朝の景色を楽しみにケーブルカーに乗っていました

ということで誰もいなかったのをいいことに、オット、男湯を激写
素晴らしい眺めですね




ホテルから車でまじめに30分くらい奥までドライブすると、奥祖谷観光ケーブルカーというのがありまして、1時間ちょい乗車できて、山林を観光できます

が 二人乗りでこんなオチャメなやつなのね
しかもコンパートメントじゃないんで、すごーくサブかったです!

面白かったけど




乗車賃はおとな1500円




これが1300メートル超の一番高いところ スタート地点から400メートルくらいの高低差があるかなあ

意外に大人お二人様が多かった フレブルちゃんを抱っこして乗ってる夫婦もみたし・・・ 子供連れよりおとなお二人様のほうが若干比率が高かったと思います




そして 祖谷のかずら橋へ ここは外せないね
一方通行で、渡橋は、おとな500円

毎年かけかえが必要らしいし、三好市は観光にチカラを入れて頑張ってるみたいなので、こんな素晴らしい風景を楽しめるなら500円仕方ないね

三好市には、引き続き道路の改良を頑張っていただきたい!
いまでもあちこちで拡幅を行ってますが、モノレールに行くまでの道が、キホン「車線なし」、たまに「二車線」ていうところもあったりして、運転疲れるそうです・・・



かずら橋を渡りながら一枚

思ったよりもコワくないんだけど、私の前に、ばあちゃん二人連れがいて、ひーひー怖がりながら掴まって渡ってて、時間かかりました 笑

下が素晴らしく美しいんですよ




コツは、この横棒に土踏まずを掛けて歩くことかな
ミシミシいうけど頑丈にできてるみたいで、たくさんの人が渡ってました






かずら橋を堪能した後は、一路、香川県方面へ向かってゴー!
これから香川・丸亀で14時にレンタカーを返します

ぶじ13時くらいに丸亀についたので、これも外せない 香川名物セルフうどん を食べました



丸亀からの高速バスは、淡路島を経由して神戸・三宮までいくやつ
たったの3150円でした (早割り適用後)
11年も西宮に住んでたのに淡路島行ったことなかったんで、初・淡路島

規定ルートには渋滞があったらしいけど、そこはさすがニッポンの交通機関で、代替ルートをビュイーンと突っ走って、一分の狂いもなく三宮に到着
 「感動した!」

その後、チュニジアでご一緒したきなこ餅さんとアジアン料理を楽しんで、10時半ごろに実家着


四国は終わりだけど、GWはまだ続きまーす

GW四国の旅 足摺岬は遠かった、そして

さて、四国の旅二日目です!
この日は足摺岬から高知市内を経て、徳島は祖谷渓の温泉地まで行かなくちゃならないんです

え? 計画に無理があるって?
不可能を可能にするのが、我が家の旅行ですから・・・ 

ちなみに、今回の旅行の総レンタカー移動距離は 700キロ でした


てことで、足摺岬です



足摺岬はGWになると (5月1日からかな?) クルマの通行が禁止と聞いてたんですけど、行ってナットク見てナットク

観光客を遠ざけるくらい道が狭いんです それに駐車場も狭すぎる
訪問が4月29、30でよかったですわ

上はホテルの敷地からの眺め ここは素晴らしい眺めでしたよ~




ところで、いままで四国には3、4回行って、いわゆる「霊場」には20箇所くらい行ってたんですけど、オットと

 「せっかくだからご朱印集めようか」
 「そうしようか」
ということになって、今回は納経帖買って、納経所も行くことにしました (1納経につき300円要)

っていっても、ナンチャッテ霊場めぐり ですのでクルマです
時間ナイですから・・・






これが四国最南端にある霊場です (38番、金剛福寺か?)

とってもきれいに整備されたお寺で、場所も場所なので観光客がいっぱいでした




これは岩本寺だと思います 37番
須崎から足摺までは2つしかなくて、とても長い距離を歩かなくちゃいけないんです

でも一生懸命歩いている方を、何度か見かけました
体に気をつけて頑張っていただきたい、と思いました




これが納経所でして、混んでいたら並びます
見かけたのはすべて女性の方でしたが、梵字でサラサラッ、と勢いよく書き上げてくださいました



そして須崎を経由して、ここからは自動車専用道路で高知市内へ
ランチをしたかったので、13時には着きたいなあ、と思っていたら間に合いました



昼食は、私の大好きな高知出身の作家、宮尾登美子さんが小説 「陽き(日へんに軍)楼」 の舞台にした得月楼に行きたかったんですよね~

ちゃんと個室で食べさせてくれました
まあお値段は2600円とかするんですけど・・・ 価値ありました!




これはほかの方の食べた個室でしたけど、空いてて&庭の眺めが素晴らしいので、入っていてお写真撮っちゃいました

建物は文化財みたいです
ここはお勧めです はりまや橋のすぐ脇にあって、足の便もいいですから




そしてやっぱり、大好きな 竹林寺 (31番)へ!
青もみじを見るためだけにでも、ここは行く価値があります

苔むした岩なども、素朴でステキです







竹林寺

四国のお寺は、拝観料を取る京都などと違ってもちろん豪奢なところはありませんが、ほんとに素朴で、しかもお遍路さんが多いからかとてもきれいにしてあります

心の落ち着く、静かなお寺が多いです



次回も ナンチャッテお遍路さん はつづきまーす!

GW四国の旅 宇和から足摺へ!

さてゴールデンウィークも終わりですねー! (さびしい)

今年の四国の旅をお届けします♪
7時台の飛行機で我が家は一路、松山空港へ

レンタカーを借りて、愛媛県の宇和へ向かいます



宇和の牛鬼 と書いてありますが、ここは郷土博物館みたいなところ 
お祭りの飾り物、家具などが所狭しと並んでました

このあたりの見所4館をめぐって400円、という超破格値で見学できます




開明学校
たぶん小学生くらいの子が学んでいたんでしょうね なつかしーい木の机と椅子 とても低くて、いま私がこれで授業を受けたら、エコノミー症候群になりそうですわ




とってもいいお天気!
地元の方いわく、「普段から静かなところ」だそうです ほんと静か




ふるい旅館の一室でランチ♪ これで1500円くらいだったかなあ
ひゅうが飯というのをいただきます お隣ではお遍路さん一家がいました

お漬物は代々手作りだそうで、たしかに薄味で上品な味付け ゴーヤの漬物もあったんですけど、ぜんぜん苦くないの



これはお米博物館
すごーく坂のきついところにあります 車で上ってたら道路が見えないくらい(笑)

ここのスゴいのはこの廊下 もち木ですよ
で、ここで Z-1グランプリ ってのを7~10月にかけて毎年やってるらしい
Zとは雑巾
です!!


雑巾がけでここの109メートルの廊下の競争
 をするんですけど、一番になるとお米一俵がもらえるとか
予選から本選まで何度かに分けてやるようです

健康的で明るくて、いい催し~ アイデアが素晴らしいです




苦労してこの日の宿、足摺パシフィックホテル花椿 さんへ

四国最南端の足摺は遠かった・・・ でも景色が素晴らしくて、やっと温泉はいれました


温泉はもちろん、ご飯前、寝る前、朝 の3回
 
この旅行で6回入ったもんね

寝るまでに ジェーン・オーステン原作の映画、Sense and Sensibility をまる1本見ちまいました いい映画です


じゃ、また次回へ!
プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR