スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★チュニジアお土産★ 大抽選大会ッ!

お待たせしましたん♪

チュニジア教室はまだ終わっていない
けれど、大抽選大会を開催しま~す

ナイナイ尽くしのチュニジア
お土産といえば?
 トカゲやサソリのキーチェーン
 砂埃にまみれたラクダの人形
 色褪せたカーペット

などなど、こんなもんとてもじゃないけど買えん! というものばかり

ということで、応募者全員には(たぶん)行き渡らないけれど勘弁してね
応募者が4人しかいなかったら、洩れなく当たっちゃうかもね


【応募ルール】

競争入札制

欲しいグッズ名を「ヒミツコメント」に入れて

1人しか入札のなかったものは、必然的にその方にプレゼント
応募者多数の商品は、何か抽選方法を考えます



★エントリーナンバー1★
 


大塩湖、ショット・エル・ジョリドから取れたと思しきお塩のパック(結構入ってます)

★エントリーナンバー2★


ラクダ砂絵の瓶

★エントリーナンバー3★


フレグランス1本

★エントリーナンバー4★


小物入れ赤か黒のいずれか


肝心の応募期限は 2月3日(日曜)節分の日!


 アナタの応募を待つ!
スポンサーサイト

明るみになった真実

昨日は例の英語学校で回答できませんでした

で、正解はね・・・ちょっと簡単すぎたかしら
お鼻に私の小指がズッポリ
 突っ込んでしまったのさ

 飼い主の風上にもおけないわね
 じゃあ同居人になります
 フン・・・





幸い前日かなりつめを短くしていたので、出血の大惨事はまぬがれました

ヘンな感触に襲われた瞬間、
 キャン!!
 (えっ、ひょっとして目に入ったかも??)

慌てて電気をつけると、きょとんとした顔でイッチーはシッポをプリプリしていました
まあね、落ち着いて考えたら、小指の第一関節がスルッと入る目だったらコワ過ぎますわ、それこそホラー

 党首が無傷でよかったです
 感謝するのね・・・
 なんで? なにに?

党首が無事だったのはよかったけど、私の小指はヌルヌルしてました
 ハ・ナ・ミ・ズ・・・・

明るくなるまで待って

寒くてヤル気が起きない今日この頃・・・
しかも

花粉まで飛び始め
たらしいし・・・ 
  
いま花粉症じゃあないあなたも、油断禁物
永遠に縁ナシでいられるかどうか、飛散量とともに神のみぞ知るのです



さて
今日は午後いっぱい別に楽しくもなんともないプレゼン、ディスカッションに出席、腰痛とともに帰宅しました

 ウー、サブサブ・・・ イチゴちゃーん、帰ったよ~

タッタッタッタ・・・ イチゴが走って玄関に出てきました
あたまナデナデしてやろうと手を伸ばしたとき、悲劇は起こった

ズボッ・・・   ヌルッ



さて、何が起こったのでしょう??





 ナニすんの、アンタ!
 済みません党首 暗かったもんで
 ブタ耳一年分くれたらゆるしてあげてもいいわ
 じゃあ許してくれなくていいです
 ・・・ チッ


イチゴに何が起こったか??
あなたの想像力をご投稿ください

チュニジア教室? 「砂漠、そして土漠の美しさ」

今日は砂漠、そして土漠(どばく、と読む)の美しいスポットを紹介します

これは前出のタメルザ峡谷のタメルザ・パレスホテルからみた朝日
峡谷が一望できるすばらしいロケーションです
朝も夕方も美しかった・・・

太陽って偉大
です



タメルザ・パレスから車で1時間、メトラウイから観光列車が出ています
名前はレザー・ルージュ
「赤いトカゲ」という意味だそうで、なんでも赤いトカゲ(=列車)が地を這うように進む・・・というところから来てるんですって

完全自由席で、早い者勝ち
後から乗ってきたギリシャ人、めちゃうるさい

私はこの↑風景を見て思った
これはスター・ウォーズでC-3POとR2-D2がトコトコ歩いてるイメージだな、って
そういう感じのところです


そそりたつ断崖でいったん停車
ここでフォト・ストップです

まるでよその惑星に来たかのような、異次元空間にいるような自分を感じました
自然は本当に偉大で、人の手が入ってないからスバラシイ


これはミデス
映画、イングリッシュ・ペイシェント で洞窟のシーンがありましたが、それはこの辺りで撮られたというウワサです

感動的なシーン
でも写真に納めきれない・・・ この思い出よ、永遠に感動が続きますように

山岳オアシスの移動には4WDを利用
4,5人ずつ分乗します
これはトヨタのランド・クルーザー

オットは「結構よく出来ている」と車を褒めていましたわ
ガタンガタン揺れて楽しい旅でした


これはシェビカ村、山岳オアシスです
これもきれいな風景でしょう?

視線の先は、地平線までなにもない
人工物ゼロ
車に乗っているときもそうでした・・・・


ふたたびタメルザ
ホテルの向かいの廃村から見た夕日です



チュニジア、サイコー

ソフトバンクのスヌーピー携帯 ブラウン

や、やっとこの日を迎えることが出来ました! パチパチ

7月から待ち焦がれていたスヌーピー携帯ブラウンが、我が家に(私に)到着!



パネルが7枚もあるのでどれにしようか迷ったけれど、最初はこのたくさんのスヌーピーまとうことにしました
ストラップももちろんスヌーピー



中を開いてもスヌーピー尽くし
これも好きなシールが貼れるんです

ぜんぜん見えないけれど、画面にもスヌーピーのシートを貼ってます♪
(こっちはよそで買ったもの)



背面には、金蒔絵のスヌーピーシールを貼りました♪


ついでに携帯ケースもスヌーピーですの ほほほ
私ってバカかしら・・・?

 何か問題でも??

チュニジア教室? 「世界遺産 遺跡でゴー」

前フリ・・・
本日は昇給・昇進にかかわる、上司との成果面談の日でしたの

「なんか不満とかある?」とアレコレ聞かれたので、つい
 「私より英語が出来ないくせに私より給料もらってる人」
と言った

即座に「オレのこと?ガハハ」 と笑われたので、「ばれました?」とごまかす

本当は
 私より英語も仕事も出来ないくせに、私より給料もらってる男の社員
(上司のことではなく)
と言いたかった

ニッポンの世の常で、オンナより男は給料が高いらしい
 ヘンなハナシ・・・




それはさておき、今日は遺跡 に参りましょうね~

最初はドゥッガの世界遺産です
チュニジアで遺跡というと、残念ながらローマのものばかりですけれど
ここはベルベル人、ローマ人の遺跡とか

堂々とした神殿
ジュピター・ジュノー・ミネルヴァ神殿



石碑
説明がない箇所だったので記憶にナシ
でもステキな文字じゃないですか?

今回の旅行を通してどこでもそうだったけれど、ガラガラです
もう独り占め・・・というかグループ占めもいいところ


小高い丘の上にある遺跡なので、下界がきれいに見えました
こういう緑と荒涼とした感じは、スコットランドのハイランド地方に似ています



これはケロアンという、街自体が世界遺産に指定されているところ
グラン・モスク
といいます
この馬蹄アーチがイスラムの特徴ですね、結構好きなんです、このカタチ



また馬蹄アーチ
これを見ると、強烈な印象だったスペインのメスキータを思い出すのです
ここは シディ・サハブ霊廟



山岳オアシスへ向かう途中の道路で
夕日が沈むころに撮った写真ですが、背景がま~るくオレンジ色に染まっているのが気に入ってます



山岳オアシスに建つホテル、タメルザ・パレス
ホテルのまえは涸れ川、荒涼とした風景が見られます
ツアーのパンフに「タメルザ峡谷が見られるお部屋確約」とあるのだが・・・・
どの部屋からもタメルザ峡谷見える
 んですの、実は


さて明日は(書けたら)、砂漠の美しさをお伝えする予定です♪

チュニジア教室? 「笑えるチュニジア」

今日は趣向を変えて、 笑えるチュニジア をお送りします
ま、エジプトに比べるとぜんぜん笑えないんですが、まあお許しを

エジプトはかなりインチキ
で、スペイン人が可愛く見える
たとえば
 たてつけは必ず斜めを向いて曲がっている(ドアの蝶番、手すりのネジ等)
 富める者は貧しき者に施すイスラムの「喜捨」(バクシーシ)を盾に取り、すぐたかる
 「スリー・ミニッツ」とか言ってぜんぜん戻ってこない
 警官は観光客をからかうために存在し、おしゃべりで時間をつぶす


 

一方のチュニジア

 警官は普通に働いている(<当たり前?)
 時間の観念はしっかりしている
 たてつけはふつう(<当たり前?) でした

なおチュニジアでは何処へ行っても、子供たち、さらには老若男女問わず、観光バスに手を振って笑顔でニコニコしますの
だから、こちらも笑って手を振ります

子供たちは可愛かった
ですね~
これはとっても楽しい思い出でした


そして笑えるチュニジアのハナシ
ツアーはその地でスーペリア、デラックスといったところを押さえてくれるのですが、たまに
この程度で我慢してください

という田舎へ連れて行かれることがあります

そういう時は文句など言わず、楽しまないとソンです
さて・・・笑えるチュニジアその1


まず部屋に入って は? と思ったのがコレ

 ま、曲がってるじゃん
思わずパチリ☆

左側には短い支えがあるが、右にはない
とりあえず危ないから左だけつけたのか? 初めから左しかなかったのか?

 ナゾだ・・・



よくご覧ください
ふつう、排水の穴が一番低くなっているはず
じゃ??
タイミングよくコーヒーを淹れたので、残りを水で流したら笑える写真になりました

 生まれて初めての経験です・・・




この写真だけでは笑えません
奥から何番目のタイルにポールが取り付けられているか、数えましょう
何枚目でしたか??

そして次の写真です



ハイ、再度数えましょう
何枚目ですか??


・・・いろいろ笑えるホテルだけど、シャワーのお湯はキリッと熱くて勢いがよくて気持ちいいな~とバスタオルで髪を拭いていたら

 アリャ?

8枚目のタイル&6枚目のタイル
 ということで完全にズレております


そしてオットがフロに入っている間に、部屋でまた髪を拭いていたら・・・
 呆れ納め


旨く撮れていなくて笑える度低いのですが、天井の換気ダクトが丸見え


このホテルの名誉のために
 お湯はキリッと熱くて気持ちよかった
 レストランは改装されていてオシャレ、料理もまずまず

ということを付け加えておきましょう


他に泊まったホテル
はね


これがアルマーニ一族が別棟をひと夏借り切るという超豪華ホテル普通の部屋です
全室ジュニア・スイート♪


ワインとフルーツも部屋についてます




山岳オアシスに建つホテルのプール
料理は ぬぉーっ というのもありましたが、景色は涙が出るほど美しかったんですよ
この景色はまた後日・・・

ではまたね♪

チュニジア教室? 「出会った、触れた 動物たち」

さて、第4回の チュニジア教室 行ってみよう!

今回のテーマは、「チュニジアで出会った、触れた 動物・虫」です
(注:虫にはもちろん触れておりません)

あ、思い出した
間接的に虫(蜂)触ったかも・・・・ バスの中でブンブンうるさいので、紙で叩き失神→外に捨てちゃいました

それはさておき動物・虫編
まずは

ラクダにもアルビノ(白子)いるんですね
とってもキレイなラクダちゃんです
これは、トズールという地の動物園にて



ナツメヤシ畑の散策に、みんなで馬車にのりました



これは 砂漠のキツネ だそうです



動物園名物 コーラを飲むラクダ
(注:コーラは薄めてあるそうです・・・)
彼の名は アリババ だって



動物園にはサソリもいる・・・ 動物園のガイドのオヤジが、 Smoking kills と言っていた・・・ あんたも吸ってませんでした?



トカゲちゃん
もちろん、私の肩ではありません
これと対のトカゲがいて、オヤジがこの二匹を抱き合わせ「モニカ・ルインスキー ビル・クリントン」とやっていた・・・
ネタふるいよ
アメリカギャグといえば、ブッシュからかいネタだと思うんだけどなぁ



オヤジ
なかなかふざけていて、動物よりもオヤジのパフォーマンスショーがメインか?と思うくらい

動物園の入り口にラクダと思しき頭骨がいくつか展示してあり、そのうち一つを指して
Japanese

って言ってましたわ・・・



次にオヤジが繰り出してきたのが、「スパゲッティ・ナポリタン」と呼んだコレ うーキモ~



マトマタで見たワンコ
このワンコは人懐っこいので大人気!
ナデナデしたツアー参加者数人、「おいてきたうちの犬を思い出した」



おしゃれスポット シディ・ブ・サイドで見かけたワンコ
チュニジアじゃあ、ワンコといえばほったらかし、繋いだりしません
それで外で羊の番をさせたりしてるようです
都会に行くと、こうやって繋いで待たせたり、連れて歩きます



ネコも、もちろんいますよ
お店の看板ネコだったり、遺跡のアイドルだったり・・・



ロバちん
ミデス村(イングリッシュ・ペイシェント撮影地)で砂漠のバラを見ていたら、
ヒ(キ)ョエー
  と素っ頓狂な悲鳴でビックリ
なんじゃ?と思ったらロバちんでした

飼い主とはぐれちゃって、飼い主呼んで鳴いてたみたいです
カワイイね
あとで飼い主に抱かれてウットリしてるロバちん見て、みな一安心



道路を横断するヒツヂの群れ
たまーに、横断待ちで車が停止したりしましたっけ
子犬も立派にヒツヂドッグしてて、将来が楽しみな雰囲気


あともうひとつ・・・
チュニジアでは頻繁に見かけるある景色
を納めてみました

じつは結構ショッキングなんだけど、彼らには日常らしい
では、どうぞ・・・






これの意味ですが、肉屋さんの店頭にぶら下げてありまして
フレッシュ! 本日解体したて!」ということだそうです
ラクダ、ヒツヂ、ウシ がいるね

うーん・・・

<号外> やっぱりアナタって・・・

 チュニジア教室第3回をおえたところで、久しぶりにイチゴねた

 アンタ、アタシのこと忘れてんじゃない??
 そちらこそ、飼い主のこと疎かにしてませんか?
 今に始まった話じゃないわ・・・


そんなイチゴちゃん、昨日 土曜日恒例のおフロ にはいりました

おフロ上がりの一こま


 画像からはわからないけど
 私にもたれて
 ストーブに当たって
 ドライヤーかけてもらって
 います


巷でウワサのぽちメーカーやってみました
何でこんな結果なんだ??

 
欲と舐はまだわかる
立、悲、疲 ってなんだ?


姉のワンコ、ラナもやってみました


 があるよ、スバラシイ!

あと @ ってなんだろね?

チュニジア教室? チュニジアを食べまくる

 
引き続いて3回目の チュニジア 教室~♪

今日はググッと現地の食べ物をお届けしましょうね

チュニジア
 では主食はパン
 パンばっかりは苦手・・・

一日に一回ならたぶん大丈夫、でも毎食となるとキツいベリージャパニーズな私
てことで 野菜とオリーブと果物と魚or肉 で暮らしておりました

チュニジア
 のパンはパサパサしてて、バター入ってない感じ
味付けは? 結構うす味で、毎食胡椒と塩フリフリしてました

モロッコ、トルコ、エジプト、イタリア(シチリア)・・・などの食文化の融合体がチュニジア料理
らしく、バラエティに富んでましたっけ



沿岸部:ムール貝とトマトソースのスープ

現地では

トマト、トマト、トマト
・・・ と永遠にトマトが出てきます


砂漠地帯:ブリックス
見た目春巻き、食べても春巻き、だけど中身は野菜(ハーブ)やら肉やら
さっぱりしてます



山岳地帯:オレンジ色の物体はニンジンすりおろしで、よく出てきます
パンに塗ったりして食べます


砂漠地帯:まるで餃子 でもお菓子
中にはナッツやら甘いものが入ってるけれど、これも意外にアッサリしてます、90円



沿岸部:ピーマンとえびと卵のトマトソースがけディッシュ



沿岸部:ギュッと絞ったオレンジジュース
これがうまいんですの
チュニジアはオレンジの香料でも有名なんですって


沿岸部:夏にはアルマーニ一族が借り切るという超高級ホテルのレストランでいただいたモツァレラとトマトのサラダ


同上レストランのお魚



沿岸部:いわしのグリル
骨が多かったけどきれいに取れてとっても美味しかったです


沿岸部:前菜サラダ
実はニンニクがたくさん入っていて結構辛かった

 ハァ~ッ・・・ 臭う??


沿岸部:現地の方がもっとも食べるラム
おいしく料理されていてやわらかいお肉でした♪


 現地人とは感覚が違うらしく、羊やヤギを見て私たちが「カワイイ~♪」って言うと「オイシイ、オイシイ」と返す

ワンコがいてまた「オイシイ、オイシイ」というのでさすがにそれはツッコミ入れましたわ


 しまった~ッ クスクスの写真がないっ

 食べるのに必死で撮り忘れたんでしょ
 セイカイデス・・・


明日に続く!!

チュニジア教室? ツアーとマーケット

 
チュニジア
 教室の第2回♪

このところ個人手配ばかりの我が家の旅行・・・  今回はパッケージツアーを使いました

阪神航空
 を使うことは決めていて(こんなこともありました)
最初はシチリアへ行こうと思ったが人が集まらず・・・

「12月27日のシチリアなら催行されますよ」と言われたけれど
 お正月はニッポンだー  ということでアッサリ断念
会社を5日間休めば済む
 チュニジア にしましたの・・・ おほほ(<単純)

詳しいコース紹介はこちら↓ 

カルタゴ遺跡とサハラ砂漠

チュニジア周遊11日間




今日のお写真は、題して チュニジアのマーケット


お魚マーケット 地中海に面しているので魚介類が豊富です
最初の観光がこのマーケットで、度肝を抜かれる食生活の豊かさを感じました


獲れ獲れピチピチ♪ こういうディスプレイが一般的みたいです(笑)



ぴっちぴち♪ よく曲げたねぇ



1987年からこの国を治める大統領 
前のブルギバ大統領のようなカリスマ性はないそうですが、堅実にうまく手綱を捌いているということです
町中いたるところに彼のポスターがあるんです



青果物マーケット 
青物があるって、ニッポン人なら嬉しくなる光景



ジジィが被っているのはこの国の帽子 
・・・買いそびれた 
これからいく人、私に買ってきてください
なお手前にあるのはピーマンで、巨大シシトウじゃありませんの

この国の物価 ジャガイモ1キロ90円、にんじん1キロ90円




ニンジンはジュースにしてもうまいらしい



スーク(市場)を歩く
何処へ行っても ジャポン? ジャパン? と聞かれるがエジプト人ほどの阿漕さはナシ (いいことだ)

面白いのは コニチワ と声を掛けてきといて
(意味がわかってないからか)

コニチワ、 アリガト、 サヨナラ


とまるで独り漫才でもしてるかのように、勝手に終わってしまうこと(笑)

 え・・・もういいんですか じゃ、サヨナラ


銀製品を売る店



ということで チュニジア教室第2回を終わります また明日♪

チュニジア教室? ことはじめ

なにはさておき チュニジア です

それってどこ?
 という数々の質問からして、これは日本人にはマイナーな国に違いない

なので チュニジア教室 を開くことにしました
シリーズをマジメに読み終わったら、詳しくなっていること請け合い
です 
しかも受講料無料ですから♪ (シリーズが何回あるか不明)

さてまずロケーション
外務省HPの地図なので正確なはず

マルで囲ったのが チュニジア
よく見なくても 地中海 に面していることがわかります
右上方にシチリア島(120キロ)、その上がご存知 イターリア 

 想像力を豊かにすると 「・・・てことは、大昔ローマにいじめられたかもしれないぞ」って思うでしょ? 正解です

ちなみに東隣が カダフィ大佐率いる リビア、その奥がエジプト
西隣は最近テロで騒がしい アルジェリア、その奥が モロッコ

 モロッコといえば モロッコ産タコ~ って憶えましょう♪



特産物として オリーブオイル、オリーブの実 があります
ヨーロッパの穀倉庫とよばれたくらい穀物も採れたらしい

ところで チュニジア の元宗主国は おフランス  だから
現地では アラビア語とフランス語 が通じ、英語は結構ダメ 

なお チュニジア では肌の色がブラックな人々は見ませんでした
イメージで言うと中東が近いですよ



てことで写真行きましょう♪ 題して「チュニジアで買ったもの」


スーパー行きまして スパイス、エクストラバージンオリーブオイル、ジュース粉末、チョコ、唐辛子の瓶詰め、コンソメ、ポテチ、缶詰 をゲット



見てのとおり靴 1足1350円ほど



革製品 バッグ(4000円)パスケース(1200円)



砂漠のバラ(石、90円)塩湖の塩(130円)



ブレスレット・・・値段忘れた



ラクダ置物(1350円)小物入れ(180円)フレグランス(180円)

 チュニジア はフレグランスオイルも名産で、これがフランスに行くと数十倍に変身するみたい


Tシャツ(900円)ショール(6000円)



絵砂の瓶(90円)香水瓶(プレゼント)敷物(450円)


 あ~買った買った・・・

てことで明日も続きます!

I'm back!!

 
秋カボチャ、ぶじ帰国 しました!


詳しい話は今後少しずつしていく予定です


とりあえずこんなお写真でも・・・ アフリカらしい? のにしてみたよ






 党首も家に帰ってきておフロに入りました
明日は英語のクラスがあるので、次の更新はたぶんアサッテです♪

飼い主とそのオット不在・・・ そして、父&イチゴ

国内であれ海外であれ、旅行に行くとき父の家へ

家に着くと、喜んで階段駆け上がっていきます
なぜかって?  ・・・・2階にゴハンが用意してあるから (<ビーグルだけに)

は父の家で ストーブをつけてもらい、布団で一緒に寝て、朝6時に起きてお散歩へ行った後ごはん、そして二度寝するらしい

がしかし  に言わせると
「イヌは4日で飽きちゃって、家に帰りたがる」
んだって

 イチゴちゃん、そこまであからさまだと、お父さん可哀相じゃない?
 オトウサン、飼い主に電話して迎えに来てもらってクダサイ
 ・・・・・



昨年の年始、アイルランド旅行のとき・・・

 お父さん、着替え持ってきたから着替えさせてね
 あいよ


そして旅行から帰ってきました・・・
 イチゴちゃーん、お迎えに来たよ~ ・・・ アレ??

預けたときと同じ服
 着てるじゃん・・・・


 お父さん、着替えさせてって言ったでしょ
 着替えさせたよ
 ???

 置いてあったの着替えきっちゃったから、もとのヤツ着せたの
 ・・・・ 洗わずに??? ・・・


・・・そう、ローテーションが終わったので、スタート地点に戻っていた

 香ばしいカホリ


考えなくても

(預かる日数)÷(持ってきた服の数)

=(1枚あたりの着用最低日数)
 わかるって!!


 父は変な人で
ジェットコースターの順番待ちをしつつ 機体が一回転する時間と乗員数を計って「生産性は○○」とか言う人なので、算数は出来るはず



 ま、いいです サンポよろしくお願いしますわ・・・


ということで、みなさまの温かいメッセージに応え、元気で行ってきます
帰ってきたら お土産大抽選会 でもしましょうね


 帰国は14日よ! 早く迎えにコイ!
 アロハ~♪

買い物天国 バーゲンセール♪

1月2日といえば、セールの開始日ですね
一昔前、冬のバーゲン開始といえばたしか15日ころだったなぁ・・・

それはさておき
今日はオットと別行動で、は八重洲へ
タータンショップのYORK
 で、まあまあお買い物

コレとか



八重洲で買い物が終わったら、新宿経由原宿

そりゃー ココ へ行くためよ

SNOOPY TOWNは、年明けから順次閉店
するそうです
経営母体がららぽーとからキディランドへ変わるためだそうです

ということでセールです


 ぜ~んぶ半額!


もちろんコレも半額!


 私の長T


さらにこれも半額!


 オットのトレーナー


 い、いかん・・・ 荷物詰めねば・・・

行き先はチュニジア
実は私もどういうところだかいまいちよくわかってません
世界遺産はとってもたくさんあるらしい

憧れの サハラ にも行く予定です
スターウォーズで出てきた マトマタ にも行きます 


 そんなハナシ聞いてないわ
 言ってませんから

 私をお父さんに預けて、ブログは明日も更新するんですって!!
 バイバーイ

あけましておめでとう! 正しいお正月の過ごし方

 
あけましておめでとうございます

今年も皆さんと、楽しいお話、ためになるお話などをやり取りして ステキな年に したいと思っています
面白い記事が書けるように頑張ります♪


さて昨日~今日にかけて、党首と行ってきました 池上本門寺
除夜の鐘がいいんですよ 

今年はオットとイチゴが22時くらいから グースカピースカ 寝ちゃって出発が遅れました

 党首? 行きますよ

静かな本門寺界隈を歩いて行きます
シンシンとした空気、これこそ大晦日でしょ




本門寺は、大晦日の夜に並ぶと、除夜の鐘を衝くことができるんです
寒いなか並びたくないから我慢するわ・・・

 素人が鐘を衝くので、鳴るごとに音色が違って面白いです
去年は鳴りはじめる瞬間にすぐ鐘のそばにいて、党首ドキッ! 心臓バクバク

 チキンちゃんだから


 党首を連れて行くと、『アラ、ワンちゃんもお参りね』とか、『ワンワ~ン♪』という小さい子、『ワーッ、(犬がいて)びっくりした』という人、様々です

ガスパール・リサのパーカーと、むーちゃんのお下がりのベストを着て行きました
お参りしてたオジサンに、「おっ、あったかそうだね。うちの犬は足が短くて歩けないから置いてきたよ」と言われました



静かな静かな本門寺の闇・・・これこそニッポンの正しいお正月です


日蓮上人が亡くなったというご入滅の間の前で

ハイ ダッコ初め です

帰りの道で見た夜空は澄んでいて、星がたくさん、しかもくっきりと見えました




一夜明けて、元日の我が家・・・・ オヤ? この光景は・・・


 焙り初め 当たり初め・・・ なんでもいいけどその格好はなんだ~

お正月はお花を買ってきます
素人なのでこの程度ですけどね




次はお節
白い木箱はデパートで頼んだ料亭のお節
塗りの重は父が作ったお節です

父のお節は料亭のよりもおいしいと大好評でした
 お父さん、来年から作って・・・ 材料買ってあげるから




さあ、お節を食べ終わったらおサンポへ行きましょう

 快晴! なんていいお正月でしょう!



 我が家のすぐそばは更地で、新築を造成するらしい・・・ いまのところただの空き地です
霜柱ってすごいのね


さきほど党首と夜のお散歩へ行ってきました
シンシンと冷える路上、ほとんど人も車も見当たらず これこそお正月という感じです

当初12月27日発のシチリア旅行へ参加する予定でしたが
 やっぱ正月はニッポンでしょ
 でしょ
ということで行き先変えました 1月4日から行ってきます


 また明日ね~♪ 飼い主は明日バーゲンに行くんだって~
プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。