(鼻づまり のち 轟音)×2

オットの  「風邪ひいた」 で部屋中に風邪菌がウヨウヨしていて散々な週末でした
そして土曜の晩・・・

 「ふーっ 髪も乾いたし、本読んで寝ようっと」
そして秋カボチャはベッドに入りました

ピッ、ピッ (リモコンでライトを消す音)
 「さて・・・・」



 ゴッゴゴゴゴ・・・・・・ ガッガガガガガ・・・・・・
 (ウルサイなぁ) バンッ! (マットを叩く音)
 プスゥ・・・・ フー・・・ ゴゴゴゴゴ・・・・ ガガガガガ・・・・
 (くーっ! 静かだったの一瞬じゃん)

 フーッフーッ・・・ ブフォーブフォー 
 (こいつらウルサイ! 愛の二重奏か!)




 「このカワイイ寝顔に騙されちゃダメ!」


 ゴーゴー ガーガー ゴーゴー
 (う・・・ ウルサーイッ!!)

そして輾転反側、40分!



 (もーガマンできんっ!)


 ゴーゴー ブフォーブフォー

 (ウルサーーーーイッ) 「ハァハァ・・・ ダメだっ でもいくらなんでも今日は冬の気温 隣の部屋でカーペットに横たわるなんてもっての他!!」



そして秋カボチャがとった解決策とは??

続きを読む

スポンサーサイト

食べられないブタ角煮まん

先週は3泊、今週は2泊もイチゴの愛するオヂチャンは外泊(出張とも言う)なんです

 「家庭崩壊もマヂカね? アタシが癒してあげるから心配は要らないわ・・・」

ということで、イチゴ党首は今日もブタ角煮まんになります




 「中はポッチャリ、あったかよ 皮はちょっと冷たいけどね」




 「目がウッスラ開いててコワいわね? 鼻に白いものも浮いてるし・・・」




秋カボチャが帰ってくる頃、イチゴはソファでブランケットにくるまって寝ています
そんでもってノロノロと  「お帰り」 と出てくるときは、こうやってブランケットをかけたままウロウロしてます




先週はあったかだったから、朝までこのスタイルで過ごし、秋カボチャと別々にネンネしてたイチゴ党首

でも今週はサブいから、今朝は2時過ぎに  「入れろ」と秋カボチャを起こし、布団に入ってきて一緒に寝ました

 「イチゴって、ワンコクサいけどあったかい♪」
(注:党首は毎週土曜日におフロに入ります)



東京も今週はサクラが咲くと思ってたけど、今週のこの寒さ
まるでつぼみを冷蔵庫に入れちゃったみたい
週末以降は暖かくなるかな??



ところで来週末東京ビッグサイトで開かれるFCIインターナソナルドッグショー、こぶたさんのお誘いで秋カボチャ見学にいくことにしました
行かれる予定の方、ぜひ会いましょうね
でも党首はいないから、目印がないな・・・

 「マヂ?? なんでアタシ行かないの?」
 「フッフッフ・・・オヂチャンはそのときシンガポール行ってるんだよ!」
 「・・・仕方ないから飼い主と寝てやるか」


 「ドッグショー行く方! ご一報請う!!」

いまさら初恋の人の手紙なんかいらない

ネットで見つけた 「初恋の人からの手紙」(あえてリンクなし)
昼ごはん食べながら見ちゃいました
以下、コピペとツッコミでお送りします



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

秋カボチャ、ひさしぶり。

 「ダレだ? おめー」


今でもフリマに自作の詩を出品していますか?

 今でもって・・・ 一度もしたことないね」


会うたびに詩を書いておれに見せてきた秋カボチャをなつかしく思います。

 「あらそう・・・ って書いてないっつーの」


おれの興味が薄れ始めて、イライラした秋カボチャが「私に興味がないなら、さっさと振ってよ」と言って別れたあの日から、もう22年が経ったんだね。

 「図々しい! 振るのはアタシ!! しかもなんだよ22年って・・・ アタシいくつ?」


月日が流れるのは早いものです。

 「そこだけは同感だな」


あ、そうそう、手紙を書いたのには特に理由はないんだ。ただ部屋の掃除をしていたら秋カボチャからの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなって。びっくりさせたかな。

 「別に・・・ ってなんで住所知ってるの? キモすぎる」


思い返してみると、うちらの恋愛ってひどいものだったなぁと今さらながらに思います。

 「今頃気付くな、ボケ」


わりと若者らしい恋愛をしたがったおれと、すぐドライになっていった秋カボチャ

 「それがアタシです」


秋カボチャの決めぜりふはいつも「ごちゃごちゃ言ってると別れるよ」でしたね。どんだけ上からだ!と思ったけれど、怖くて文句の一つも言えませんでした(苦笑)。

 「22年前に『どんだけ』なんて言葉は流行ってませんでしたけど? 大体アタシに文句言うなんて100万年早い!」


そういえば、秋カボチャにとって、おれが初恋の相手だったのかな?

 「だからアンタ誰よ?」


いきなり付き合った瞬間に「付き合ったらHしなきゃいけないの?不安なんだけど」と言われ、返答に困ったのを覚えています。考えていることがそっち方面ばかりなのは、今も変わっていないのでしょうか?

 「確か初恋は小学生だったけど、当時そんなこと言うガキだったとしたら、マジで将来がコワいね 『そっち方面』ばっかり考えてるのはどうせお前だろ」


秋カボチャは付き合った当初のテンションがやけに高くて、「私、一生このまま大好きなんだろうな」って言っていたような。

 「ぜったい言わねえ」


おれは「さすがにそれはないだろ」と思って冷静に聞いていたけど、ノリの悪いおれに怒っていましたね。やはり最終的には秋カボチャのテンションがガタ落ちしていたけど・・・。

 「それがアタシです」


恋愛を総合的に考えれば、おれは秋カボチャと付き合えたことを、とても感謝しています。

 「終ったものをなんでも美化するな! ナルシスト!」


キツイことを言われたときに耐える方法や、言い返したい気持ちを無理矢理封じ込める方法
をこの恋愛から学びました。どうもありがとう。

 「アタシも役に立ってるわね・・・ イヒヒ」


いろいろ書いたけど、おれはそんな秋カボチャのことが好きでした。

 「だから美化するなっての」


これからも秋カボチャらしくいられるよう、あと、当時本気でやっていた深夜ラジオへの投稿も続けて(笑)、幸せをふりまいてください。

 「人をシアワセにする前に、まず自分がシアワセになりたいわ」


またいつか会いましょう。

 「いえ、結構です」


P.S. おれの歯がくさいってみんなに言いふらしていると聞きました。本当ですか?

 「アタシは超ポジティブ思考なの 別れた男の話で時間使うほどネクラじゃないもんね」

 「てか、『口が臭い』とはいうけど、『歯が臭い』って言うかな?」


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



 試したい方はどうぞ、どっかで検索してニックネーム入れてみてね ツッコミどころ満載です

一足早く・・・ サクラ、愛知で咲き誇る

この三連休、イチゴの愛するオヂチャンは学会でナゴヤへ・・・
そして秋カボチャは土曜日に温泉地で合流です




 「土曜はエラくキレイだったんだけどねえ オットが着くころ(19時半)には当然見えなくなってたわね そして今日は雨混じりだし」

1人で美しい夕日を堪能しました♪
もちろん温泉も堪能して、手あれ(かぶれ)も一気にツルツル!!


 「アタシってぇ 手荒れるから料理とか向いてないしぃ」
 「ムシ」




翌日(今日)はナゴヤ市内へ移動
まず徳川美術館へ行きました

 「オッ 咲いてる!!」




園内もわずかですが咲いてます
東京はここまで咲いてないはずだけど? ナゴヤは早いのかしら?




こっちは梅かな?




味噌煮込みうどん(かしわ入り)を堪能した後はナゴヤキャッスルへ!
 「ウッシッシ うどんはうまい!」 (← 一応関東人だがソバが嫌い)

お天気のせいか、お城見学の人は少なかったなあ




 「ビューチホー!」




東京もきっと今週続々と!

これからが楽しみな一週間で~す

イチゴ、ファンの集い

今日はイチゴの大ファン きなこ餅さん が大阪からとんぼ帰り上京することを聞きました
昨日連絡を貰って、急遽ランチを一緒にすることに


午後、きなこ餅さんからTEL

 「あしたランチの前だけど、イチゴちゃんに会いに行っていいかしら?」
 「ええ、もちろんですよ」

 「じゃあ、あした●●駅でね」
 「ハーイ じゃ!」




買い物を済ませて家に帰り、洗濯物を干しながら秋カボチャはふと考えました

 「ひょっとしてきなこ餅さん、アタシじゃなくて イチゴに会いたいのかしら?」

 「ま、どっちでもいいか・・・」



感動?!の再会の模様はまた後日!
 「アタシに会いたい人はアポよろしく」 

この時期、カフンショウでお悩みの方?

秋カボチャは、ハウスダストとスギ花粉に敏感に反応するアレルギー体質
この時期は心理的にかなり微妙でした




2005年カフン大飛散年から予防を始め、今年やっとコントロールのコツをマスターしました

ということで秋カボチャお薦めの対策法は、ズバリ予防
一度クシャミをして鼻水を垂らすと、そこからクスリを飲んでも効果はイマイチ なので予防が良いというわけです

お金はかけない、マスクもしない

目指せ! 明るく美しいカフンショウ患者!

 


耳鼻科医にかかると処方箋薬局での手間も掛かるし、してもらった憶えもない「指導料」とかいうお金も取られるし、行くのやめました 
ドラッグストアで売っている鼻炎薬(内服)で十分
眼が痒くなることもたまにあるので、さらに点眼の抗アレルギー薬をゲットすれば準備完了

くすりの名称までは言わないけど、仕事中でも意識を失うくらい強烈に眠いのもあるし、殆ど眠くならないのもあります

本来は添付文書に従うのが正しいけど、頭痛が出たり、喉が砂漠みたいにカラカラになったりするので、朝起きたら規定の半分飲んで済ますことにしました



今年はいまんとこ順調です 
あともう少しの辛抱だね
サクラが咲く頃にはカフンも忘れられてるといいなぁ



 「みなさん よい週末を!」

情ハ人ノ為ナラズ5 ~カナダからお越しの・・・

今日は飛行機には乗らないし、もちろん海外にも行かないくせに成田空港第1ターミナルへ行ってきました!

午前中は仕事の一大イベントをこなし、14時からお休みを貰って成田へ

今日は例のボランティア(兼、フリー英会話)で、カナダからくる夫妻のお迎えだったからです




「カナダには行ったことある?」と聞かれ、昨年のスコットランドツアーでカナダから来てたお姉ちゃんに、「カナダはいいわよ、とっても美しいわよ、ぜひ行くといいわ」 って言われてたのを思い出した・・・

挙句は 
 「英語以外の言語も話せる?」 と聞かれ
 (英語もヘボなんだけどね・・) 「私は日本語のエキスパートよ!」
 「ガハハハハ・・・」


ご主人は大学教授らしく、「仕事はナニ? 開発スタッフ? ということはサイエンスの学位持ってるのね」とお目目キラキラで尋ねられ、「ノー」と言わずに済んだことを幸いにおもふ





そして今日も来ました

 「なんでみんなマスクしてるの? ビョーキ?」
 (来たッ!) 「一種のビョーキね、Pollinosis 花粉からプロテクトするため」
 「大気汚染は?」
 (またかよ・・・) 「この時期はね、中国から砂が飛んでくるの」
 「エエッ!」
 「イエローサンドっていうの クルマの屋根が砂だらけになっちゃうの」
 「マイガーッ・・・」  


 「私は今月3組のゲストを案内したけど」
 「フンフン」
 「みんなマスクについて同じ質問するね」
  ニヤニヤ・・・





次回は来月・・・ うちの付近を案内するので気も楽 たぶん
さて、明日からも仕事頑張りますか~♪

ガイジンに指摘されたこと 他

先週は単なるアクシデントで、2組ほどガイジンを東京案内しました・・・
それでもって気付いたこと指摘されておかしかったことを書いてみまーす



? 2日連続で聞かれた、この時期おきまりのもの

 「どうしてみんなマスクをしているの?」
 (あー来た来た 私はマスクしないんだよね その私が駅で『一種異様な雰囲気』と思うくらいだもんね)

 「この時期はね、スギ花粉のせいでカフンショウ(pollinosis)になる人が多いんだよ」
 「大気汚染かと思ったわ」
 「・・・・・」 (高度成長期じゃあるまいし・・・)


? 日本ではアナウンスが多すぎる

<例:「優先席付近では携帯電話の電源をお切りください」>
 「あれはどういう意味?」
 「心臓のデバイス(ペースメーカーという単語をど忘れ)に悪い影響を与えるからだよ」
 「僕もスイッチオフしないとだめかな?」
 「誰もやってないからいいよ」 (←ホントか?!)


? 日本では飛び込み自殺が多すぎる

山手線の液晶表示が面白いらしく見入るスペイン人ふたり
 「アクシデントで遅延か・・・」
 「どんな種類のアクシデントかわかる?」
 「イマジン? ムリ」
 「自殺 飛び込み」
 「アンビリーバボー」
 (アタシもです)


? 日本のオバチャンは傍若無人?

ある駅でドドド・・・とオバチャン×2が乗り込んできて、スペイン人(男)を押しのけて座席へ突進
 「ん?」
 (あ~恥ずかしい 外国だったら、ぶつかったらsorryくらいいうもんなあ)


? タダで手に入るもの

 「ハイ (テレクラ)ティッシュどーぞー」
 「買う必要ないよ」
 「ほんとね!」
 (日本語は読めないから、何のティッシュか分からないままでいいや・・・)


? 新宿は「ある黒くてデカいもの」にとって居心地がいい

 カァカァ
 「随分大きいわね」
 「新宿には食べ物(生ごみ)がいっぱいあるからね・・・」


? 日本はやっぱり誤解されている

日本くらい先進国なのに安全な国もないと、各国を旅してきて強く思うのだが・・・
 「こんなに人がいっぱいいて、東京は安全なの?」
 「ウン、安全だよ」
 「でも注意して」
 「ハハハ」
 「悪い外国人もいっぱい住んでるから」(←違法ドラッグ売ったりとかね)



 まったね~♪

ある日のイチゴ 「オヂチャンがいる日」

イチゴの愛するオヂチャンは、テレビを見ながらこんなことしてます




ダッコしてもらうと、1分でウトウトし始める
ある意味、「お休みマシーン」?




写真を撮ろうとカバーを外してキャップをあけると、パッチリと目を開ける
写真を撮られるのはあまり好きではないらしい・・・・

 「妬いてんでしょ?」




 「オヂチャンとアタシが3分の1ずつ、飼い主も3分の1でいいわ」

 「オヂチャンが5分の2、アンタは5分の1!」




 「ムレると臭くなるもんね」
 「ムレなくても十分香ばしいです」 



 「今日は仲良く半分こ!」

反時計回りタイフーン来る!

花粉の飛びまくる週末、いかがお過ごしですか?




党首はモーニングおサンポにお出かけ
颯爽と出発しようとするけれど・・・?




お尻下の毛が長すぎて、ピエール(わが家ではこう呼ぶ)風になってます
クルリン♪

そろそろ人間様用バリカンでカットする時期かなあ




 「失礼しちゃうわね オシャレよ、オシャレ」

スタスタ・・・
ではおうちでもっと近寄ってみてみることにしましょうね




玄関にて
仰向けでタイフーンの目にズームインしてみました

岩手・花巻 -台温泉はホッカホカ

バスツアーは猊鼻渓を楽しんだ後、一関で数人をおろし、温泉地へ行くお客さんを送っていきます



私とオットだけ、コースにない温泉を選んでオプショナルツアーに参加したので隣の花巻温泉で下ろしてもらいました

 「タクシー・・・ あ、あった」

バスガイドさんは「1メーターほどで」と言ったが、たっぷり×2メーターぶん追加されて本日のお宿に到着!

 台温泉 松田屋旅館(本館) (<クリック)

さーおフロですよ、おフロ♪  このときをずーぅっと待っていたんだから 
温泉独り占め
だった入浴後は・・・




ひろい炉端焼会場(炉端テーブルが5台)に、ナント「イチゴのお世話係2名様」だけ!!

ニヤニヤしながら憧れの炉端焼でお食事 (注:別館には炉端はなく、本館宿泊者のみ)




おいしいもんで、食べても食べても、まだ食べられる・・・私たち




たしかふたり男性がいたはずだけど・・・と仲居のオバチャンに聞いてみると
 「1人でお越しの方で、お部屋でお召し上がりですよ やっぱり1人で炉端は寂しいんでしょうねえ」

 (内なる叫び)「寂しくても炉端だろー、やっぱー」




 「お客さん、今日でよかったですよ 昨日はここ満席で、けむりがモウモウでしたから・・・ ではごゆっくり・・・」


 「ガハハハハハ」

ムシャムシャ・・・ パクパク・・・




(注:エビとホタテと生シイタケは、イチゴの愛人の胃袋に納まりました)
 「あ~、この宿選んでよかったーッ」 (注:旅のコーディネイトはいつも秋カボチャ)
 「また来よう!」 (言うだけで、なんにもしない)

炉端テーブルは顔が火照ってあったかいんだけど・・・足元が冷えてきました
てことでまたもやおフロです!
ここのお湯はウッスラと硫黄の香りで秋カボチャ好み
野沢も最高な硫黄泉だったなあ・・・




そう、ここの宿は建物が古いからか、スペース確保のためか、トイレは共同
でもそれ知ってて来たから覚悟は出来てるもんね

 「ふー 覚悟はしててもサブイな」
キー バタン
 「おっ! ウォシュレットで便座あったかいぞ!」

とここで、究極な選択肢を妄想するのがダイスキな秋カボチャ、便座に座って一人考えました
 「空間はサブくて・便座はあったか(台温泉)と、空間はアッツイ・便座はチベタイ(エゲレス含む外国)、どっちがいいかな?」


ま、それはさておき
豪雪が二日前に降ったので、屋根の上はエラい雪
それが夕方からの雨で解け始めたのか、たまにズルズルッとすべり・・・



バサーッ  ドドーーンッ


 ドキッ!







★★★ 心残り ★★★
 「前沢牛 を帰りの昼に食べようと思ったが、駅の付近はなにもなかった」

悲しい

岩手-中尊寺・猊鼻渓 雪、しんしん

脱線しまくった、岩手旅行、第2回は中尊寺&猊鼻渓!




のぼりは、たいした恐怖感もないんだけどね・・・
ご一行様、テクテクと中尊寺の坂を上がる




金色堂が収められているたてものがアレですの
中は撮影禁止だからお写真はナシ
岩手まで行ってらんねーというアナタ、3月14日からの世田谷美術館にゴーよ!

特別展「平泉 みちのく浄土」展


このときも「三分の一」が福岡に出稼ぎに行ってたんだよね
でも極楽浄土を表現したギラッギラの金色堂を堪能しました・・・




芭蕉はその昔、この辺をウロついて、美しい俳句を詠んだらしい




このオプショナルツアーに参加した唯一にして最大・・・とまでは言わないけど、かなりウェイトを占めた雪見船!

こたつが点いてて、ビニールで覆われてて、ホカホカ・・
(なんとなくビニールハウスみたいな趣)








終点?についたら、いったん船を下りて、歩いて見学です




ここは猊鼻渓といって、獅子の鼻に似た岩があるんだけど、こちらはイノシシ





ということで、次は大満足の温泉宿へ向かうわよ!

情ハ人ノ為ナラズ3 ~Norwayよりお越しの・・・

昨年12月初旬を最後に、思うところあり&激務でガイド活動から遠ざかってました



仕事もひと段落ついたし、冬も終わりに近づき、俄然人様のお役に立ってみたい今日この頃です

 「てか、無料英会話じゃないの?」
 「・・・ま、そういう表現もありますね」



19歳女性の一人旅、話好きのラブリーな女性で、ヘタクソな英会話も弾みました

今日はこーんなに歩きました!




新宿御苑で観梅&寒緋桜を楽しみ、タカシマヤで雛飾りを説明し、都庁の無料展望台へ!
都民で、しっかり働いて税金も納めてるので、無料でも当たり前なくらいですわ

都庁には東京観光案内プラス全国の観光案内所があって、しこたまパンフをゲット 
そのなかで ものスゴい挑発的なパンフをご紹介!




ナニナニ? 文京区のコミュニティバスってこんなオマ●ケなキャラクターなの?

ま、可愛くていいんだけど、まさにビーグル
ビーグルを飼う、いち担当者のエゴで決まった気がしないでもない

中身はこんな感じです





 「今度のガイドで観光の理由をこじつけて文京区のバスに乗ろうかしら・・・」
 「それいいアイデアね」

半月ブリのアタシ

 「飼い主ったらさぁ、ブログ更新サボってるだけじゃなくて、アタシの出番が全然ないんだよね・・・」


 「でもま、なんとなく分からないでもないの アタシのこと妬いてんのよね、きっと」




 「アタシとオヂチャンはこ~んなことして仲良くしてるしぃ」




 「ハッキリ言っていいですか・・・ 『ぜんぜん』」

 「強がりってやつ? 素直じゃないわね」




 「エ? ナニ? アタシがまた同じ服着てるですって?」

 「飼い主の名誉のために付け加えますと、これ一昨日の写真です ハロッズで買ってきたコレ、秋カボチャが気に入ってるんだもんね」



★★★★  番・外・編  ★★★★

一昨日の電車で隣になった女性2人組のハナシが聞こえてきた・・・
 「今は求人倍率0.7よ だから70人に1人しか仕事にありつけないの」

 (内なる声)「どっひゃ~ なんちゅう常識やぁ~」
 「正解分かる人?」




・・・次回こそ、中尊寺をお届け!
プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR