2009秋、英国旅行 「ヤツらが半袖なワケ」

英国旅行(正しくはイングランド&スコットランド)から、昨日帰国しました!



今回の旅行記集は、一日ごとに紹介するのではなく、テーマ別に記事にしてみることにします。
まず第1回は、ランままさんからコメントいただいて、「そう見えるかも」と思ったことを書いてみましょう。

ランままさんのコメントとは、 「半袖の人がいるけど、暑いの?」 ということ。



(イングランド北部のYORKで偶然開催されていたフード&ドリンクフェスティバルにて 地産地消がポイントらしい)


この14年で私の経験してきた限り、イギリスは夏は日本より涼しく、冬はほぼ日本と同じ
たまに暑いときもあるけれど、日本のように「室内で熱射病」ということはほぼないです。ホテルによっては冷房もないし(オイルヒーターはある)。

ロンドンはいま、朝は「寒い~涼しい」けれど、昼は東京と同じです。
これがイングランド北部、スコットランドと北上していくと寒くなります。さらにスコットランドは降らないまでも曇りが多く、その分寒いです。
直前の天気予報では最高が13℃
と言われてました。


スコットランドでは長袖シャツ&セーター&レインウェアで通しましたが、レインウェアじゃなくてジャケットならより快適だったかも、と思ったくらいの寒さ。


(スコットランドの首都エジンバラのWaverley駅にて)


がしかし
ヨーロッパにいくとしばしば驚かされるのは、(私にとって)涼しかろうが寒かろうが、半袖で平然と歩く白人を「しばしば見かける」ということです!
皮が厚いのか、体感温度が違うのか、はたまた単にアホなのか。


今回も何度か「タンクトップでウロウロする、信じられないほど太っている白人(女性)」を見たけれど、決して肥満じゃないガタイのいい若者(男性)は半袖が多い。
まあ荷物は軽くていいね。家に帰っても洗濯ラクだしね。

現地ツアーのガイド兼ドライバーの女性は、太ってなかったけど(体格はいい)、ずっと半袖&ベストタイプのジャケット。



(ロンドンの目抜き通りであるRegent Streetにて。これまた偶然催されていたもので、このために9月27日Regent streetはクルマの乗り入れが禁止)


いくら白人が半袖が好きだといっても、全員が半袖なんじゃなく、普通?の格好してる人が殆どです。だから余計ヘンな人が目立つんですな。

あと他に白人たちの「オフのなり」の特徴は、 「地位があるのか? リッチなのか?」がわからない こととじゃないかと思います。

ファーストクラスに乗れる余裕のある人、教授クラスの人でも、オフ(あるいはフライト中)がとってもラフ。
Tシャツにジーンズ、ふつうのバッグ。

これが日本人でビジネスマンだとスーツとか、ちょっとお金あるとブランド物着る&持っちゃうんだよね・・・ 似合わないからやめたほうがいいと思うんだけどさ・・・。



ということで、この辺で第1回目は終わりです♪
次回(予定テーマ「食事」)をお楽しみにね!
スポンサーサイト

あーあ

あすが大変・・・ 続く


20090929164807

ロンドン♪

昨日ロンドンに入りました。宿はまたジョリーセントアーミンズ。

けさは公園の散歩してオノボリみたいに観光中


20090928002404
20090928002405

イングランド Chesterfield

イングランド北部の自然豊かなダービシャーはチェスターフィールドにやってきました。
街のアイコン、Crooked Spireはご覧のとおり捻れています。明日はチャッツワースハウス&ガーデンズに行きます♪


20090926050003

アイム島 ラフロィグ

今日もご機嫌に飲んで食べて旅は続きます。ラフロィグのつぎはボウモアへ!!


20090923220306

ボウモアにて

ウィスキーツアーな私たち、アイラ島のボウモアディスティラリー隣のコテージに滞在中!
窓からの風景です
今日は二つの蒸留所ツアーに行きました
ふたつめで、阪神タイガースファンよ、というスタッフのおばちゃんと話す機会があったけど、ツアーに行ってきたら、おばちゃんいなくなっちゃいました。残念。

明日はアードベッグに行きます! アイラいい島だねぇ!


20090923043318

アレ?

日本?
いいえ、ヨークです。世界一大きいという国立鉄道博物園にはゼロ系新幹線がいるんです!


20090921023602
20090921023603

行ってきます 明日からエゲレス旅行!

イチゴちゃんが家にいないと、こうも寂しいものでしょうか・・・




今日の晩ご飯なんか、オットも帰って来てないし、静寂のなか(メンバー3人)咀嚼だけが進む・・・
イチゴちゃんと一緒に暮らしていて、ほんと良かったなあ



さて
今朝は8時半過ぎに家を出て、汗かくのも嫌だったので、少しゆっくり父の家まで歩きました

いつもなら50分~55分でつくけれど、今日は1時間も掛かっちゃいました
でもイチゴはゴキゲンで、しかも道がちゃんと分かってるので、適切な角でくるっと曲がって、歩いていきます

途中の駐車場でミネラルウォーターを買いました
これもイチゴはちゃんと学習していて、ガラガラ~ドシャン、と落ちてきたものが飲み物であることを理解しています

 「イチゴとアタシで半分こ♪」





これらの写真は、昨日の朝、オットがゆっくり出社する前に撮ったらしい
全然カメラの使い方が分かっていないらしい
(接写モードになってない)


さて今回の旅
18日のうちにイングランド北部のYORKへ向かい2泊し、タイミングよく開かれているフード&ドリンクフェスティバルを覗き、ゴーストウォーキングツアーにも参加し、国立鉄道博物館で大好きなゼロ系新幹線に会ってきます

その後、エジンバラに移動し、翌朝からスコットランド(ウィスキー蒸留所&海岸めぐり)の3泊4日現地ツアーに参加

そして次はChesterfieldという小さな町へ
同僚オススメの、英国で最も美しい屋敷&庭のひとつと名高い、Chatswarth house & gardens に行きます

次がロンドン
ロンドンで2泊して、美術やらお茶やら庭やら、そして前回消化不良で時間切れした戦争博物館を再訪する予定です
(たぶんオットとは別行動)

無事に旅が進めば、29日に帰ってきます



途中、携帯から投稿します
今回は鉄道を使った旅行なのですが、どんなのでしょうね 順調に行くといいなぁ


 「お土産をお楽しみにね!!」

冗談じゃない、パッキング

はぁ~ 秋ですなあ

今日は、とある翻訳学校の説明会に行ってきました。
説明会が終わって携帯をふと見ると、おや、 から着信あったみたい。

 「モシモシ? 何か用?」
 「あした何時に来るの?」
 「あさ」
 「朝って、何時だよ」
 「えーとね、8時半ころ 9時までに行くから」
 「そうかい 留守にしてるといけないからね」
 「ダイジョブだよ 鍵持ってるから」
 「それじゃダメなんだよ!」 (注:何でダメかはナゾ)
 「じゃーねー」
 「あいよ」

ガチャ

は、イチゴちゃんが来るのを相当楽しみにしているようです。そりゃそうだね、可愛くて仕方ないもんね。

今晩オットは、また性懲りもなく出張で泊まり・・・
つーことで、秋カボチャは明日の朝、荷物を詰めたスーツケース2個を1階へ下ろし、イチゴちゃんを連れて父の家まで50分歩き、会社へむかう道すがら、英語学校の次タームの授業料を振り込むんです。

えらい忙しいじゃないか(怒)



なんで明日に荷物を下ろすかというと、うちは毎回、空港宅配を頼むから。
こんなクソ重たいもの持って通勤の人々に紛れる勇気はありませんの。

は几帳面なA型なので、荷物の準備はだいぶ前から考えてありました。なのに、家にいないオットは、ちっとも準備が捗りません。


共通のものを詰めてやり、どう見ても足りないと思うものをメモにして、今朝準備をするというオットの目のつくところに、以下のメモを置いておきました。


足りないもの
 下着セット
 ハンドタオル
 折りたたみ傘
 ズボンの替え
 上着


学校説明会を終えて21時半ころ帰宅すると、とんでもないところにメモが挟んであり、コメントが付いてました。

足りないもの
 下着セット→足りると思う
 ハンドタオル→入れた
 折りたたみ傘
 ズボンの替え
 上着 (秋カボチャ注:なぜか丸印がついてる 意味分からん)
 寝るときの短パン 洗濯してから
 ひげそり


 「ひげそりは入れたよ、って昨日伝えたのになんで書いてあるの? 傘は「入れた」って書いてないけど、ほんとに入ってないね。短パン洗濯してから? ああ、棚の上に積んであったアレか

あとはやっとけ
、ということか?! (怒)

しかもオットは字がヘタクソな上に、絵もヘタクソ
なのに、ヘタクソなイチゴの絵が書き足してある・・・ もしかして、アホなんですか?


現地では、チェックインから建物探し、荷物運搬から電車の乗り場探しまで、目一杯働いていただく予定です。
当然でしょ、そのくらい。プンプン。

東京方面、秋の初めの通勤日記




さて エゲレス行きまであと3日 に迫りました
仕事が大して忙しくないのは幸いですが、プライベートであれやこれや忙しい毎日です


 明日・・・ある英語学校の説明会(よる)の前に、バーゲンに寄る
 明後日・・・あさ、イチゴちゃんを父の家に連れて行き(徒歩50分)
       その後で英語学校の授業料振込み、そして申込書を提出
 明々後日・・・成田へ

ウン、結構忙しいな (<どこが?)




ところでめっきり秋めいてきたニッポン列島、外をあるく人の装いも、それなりに秋に移行してきました

<今日見た服装>
 

 おなじみ、ロングブーツ
 おなじみ、ウールのセーター (ただし半そで)
 おなじみ、ウールのアンサンブル (しかも長そで)



オサレのなんたるかを知らない人びとはさておき、今日は我が東急池上線で、あるオジサンのブックカバーをガン見

なんと新聞の折り込み広告 「秋刀魚 1尾100円!」とか「皮むき栗 1ネット398円!」とか単色の朱色で書いてあるアレですが、アレをブックカバーにしてました 

折り込み広告でも別にいいけど、せめて文字が書いてない白い面を外側にしたらどうかしらね?



 「トーキョーワンダーランド、明日は何が起こるのかしら ドキドキ」

オヂチャン、帰る・・・  そして。

やっとオヂチャン帰ってきました
もちろんイチゴ、狂喜乱舞・・・ でも「感動の再会」のお写真はありません だって朝6時半だったんだもん

しかもねー、イチゴ寝てたから、なんとなく目覚めて外を見た 私が起こしてあげました


で、オットが持ち帰ったお写真を載せるとしましょう




お野菜いっぱいですね~
私は香港行ったことないですが、なんとなくイメージどおりのような
お値段はどうなんだろう?




商品より何より、一番目立ってるの、魚屋の店員さんたちのユニフォームだよね・・・

香港はやっぱり海が近いから、魚介類が豊富なんだなあ~





野菜、魚、と来たので次は肉だってか
吊るすのが大好きみたいだね・・・ とここで、たしかチュニジアも吊るすのが好きだったことを思い出す




ありゃ? もう日本帰ってきたの?
・・・なわけなくて、これは香港のディスプレイです
そのまま売るんだねえ 香港版とか作らないんだ~




ボ、ボンカレー・・・




おや、帰りは大阪に寄ったんですね?
・・・なわけでもなく、まだまだ香港

どこにいるんだか分からなくなっちゃう




お次はディナーに移ったようです

ここいらでいい加減お気づきの方もいるとおもいますが、なんで食べ物の写真ばっかりなんだろう??

ところで、このマルで囲った部分、なんだか分かる方?




「胃が疲れてる」と帰ってきてオットは言ったが、当たり前です




食べたねえ

ところでイチゴちゃんは??




イチゴ、さっそくおフロに入れられました
良かったね、オヂチャン帰ってきて・・・





ところが



オヂチャン、また行っちゃった
んですよ
次は国内だけどね、朝早いから前泊で大阪へ


 「仕事もいいけど、荷造りもね!」

オヂチャン不在、3日目・・・

えげれす出発まであと一週間に迫りました!
泣いても笑っても準備の時間は限られてるのね・・・ 頑張らなくちゃ♪


さてそんな我が家ですが、イチゴの愛するオヂチャンは出張でイン香港
出張にはせめてヨーロッパへ行ってほしいのだが、今年は 香港→シンガポール→香港 となぜかアジアばかり (米系外資なのに)

しかも私より断然、ことし海外に行ってる
生意気な(怒)


それはさておきイチゴちゃん、ずっとオヂチャンを待っている模様です




私が帰宅してパソコンでもいじろうものなら、ジーーッと顔を見てます
 「アンタ、まさか迎えに行かないっての?」

 「エエ ムダですから」




 「香港じゃー、イチゴちゃんのお土産はないと思うよ」
 「ガク」

ということで、せめて妄想で補うそうです



(もちろん過去の写真の使いまわし)

 「そろそろイチゴも服着せないとなあ~」


明け方4時ころになると、私のタオルケットにもぐりこんできます
 「アンタで我慢しとくわ」


オヂチャンが帰ってくるのは日曜日
まあ、仲良くしましょうねん♪

異文化コミュニケーション

ただいま、イチゴに凝視されています
イチゴは、「アタシがいけばオヂチャン帰ってくる」と思い込んでますので、連れてけ、とプレッシャー掛けてくるんです・・・

じゃ、そろそろ行こうかね




秋の夜長、みなさんいかがお過ごしですか?



先日の英会話でのこと・・・
 「ナガノプリフェクチャーのオンセン、そうそう、サルファー(硫黄)オンセンに行ったの、良かったよ~」 (注:英語で) と言うと

 「ナニ? サルファーオンセン?! 信じられん! 」 (注:英語で)

続いて

 「先日テレビで、海岸に面した金色のオンセンに入ってる人を見たが、どこがいいんだろう? (たぶん、秋田の不老ふ死温泉と思われます) 温泉はいったい何がどういいのか?」
と問う・・・

 「コイツには一生、日本人の愛する温泉は理解できねぇ」 心の声が叫ぶ
とはいえ要は会話なので、「リラックス、リフレッシュ、それにあったまるでしょ?」と言ってみる

どうやらヤツの理想の温泉(一応あるらしい)は、塩化物などの透明なお湯らしい まあ、好き好きってやつですよ




秋カボチャは、鹿児島・霧島温泉の硫黄泉であっさりノックアウト されてからのち、かなりの硫黄泉ビイキ

長崎・雲仙も硫黄泉
長野・野沢温泉も硫黄泉
岩手・台温泉も硫黄泉
  (ここ数年で行った温泉を羅列してみました)

なので先日も貸切状態の大浴場のドアを開け、
 「あ~、いいにおい!」 と叫んだのは私です・・・ オホホ





もちろん、硫黄泉以外でも、日本にはいい温泉がいっぱいあるよね~♪




 「さーて、イチゴちゃん・・・ オヂチャン明日から日曜までホンコン出張だよ 2人で仲良く過ごそうね♪」

 「ぬわんですって!! 聞いてないわ!」

イチゴ、温泉旅行に行く その4

暑い週末でしたね!

オヂチャンは明日の朝アポイントがあるために、夕方に家を出て前泊です
イチゴ、オヂチャンが帰ってこないことは分かっているみたいで、私がおフロから上がってきたら、オヂチャンのタオルケットをクチャクチャに広げ、その上で寝てました・・・

 「そんなにオヂチャンのカホリがいいのかね・・・?」


さて、温泉旅行最終回です




上田の町を観光中の我らです

北国街道の名残りを残す町並みがあります
上田はこれまで、数々の映画のロケ地として登場してきました
(詳しくは憶えてないけど)

例えばコレね↓



犬神家の一族といったら、もー横溝正史の小説中でも、コワさピカ一の映像

 「そんな殺し方しなくても!」

という感じでしょうかねえ
あ、それ古いほうの「犬神家の一族」ね  新しいほうは記憶が薄い




どこの町でも(海外でも)このテの看板をカメラに納めている秋カボチャ
「またビーグルか?」と思うおマヌケさ




みそ蔵やら酒蔵やらがいまでもお客さんをひきつけています
月曜だから? 人はまばらで、歩きやすい




これも杉玉っていうんでしょうか
私は入らず・・・




看板娘としてイケそうでしょうか?

ところで・・・ 先日の台風をご記憶の方(8号?)
これが長野県の気候だったんですよね、ほんとに

なんでも東京付近はジャージャー降ってて、家から出るのもちょっと、と聞いてますので、 「いい日に休んだ!」 とご満悦





ということで旅も終わりです
またすぐにエゲレス旅行の準備しなくっちゃ・・・


じゃあ、また♪
今週も頑張ろう!

イチゴ、温泉旅行に行く その3

ということで、ひとりクルマに置かれたクレートでネンネしたイチゴ党首
飼い主とそのオット、イチゴちゃんのチッコ&ウンチ&ご飯のため、6:30起床

 「ブルブルッ 冷えるな! 上着持ってきて良かった~」

でも車の中はホンワカあったかかったです
イチゴちゃんの温もりかな?



さて、アンヨが黒くなる温泉のフシギ



晩ご飯の前におフロに入って第一声
 「硫黄のおフロ、サイコー♪ いい香り♪」 注)秋カボチャ、硫黄泉びいき

なぜか貸切状態だったので、ノンビリと湯に浸かり、上がって体を拭いていると、足の指に黒い汚れのようなものが小さくついてました

 「ん? どこかに触ったっけ?」

壁をみると、「温泉の成分で黒くなることがあります よく洗ってください」
しかし大して気にもせず、炉端のご飯へ

 「ふー やっぱ旅館はいいね~  アラ? アレ?? 足が黒い!!」



実は見えなかった(&気付かなかった)けど、足の裏が黒い!
 「黒いのは腹だけじゃないのね・・・」

食後、宿泊プランの特典の「貸切露天風呂40分」を楽しみに行きました
 「う~ん、ヌルヌル倍増の硫黄泉!」
しかし、露天湯船の底を触ったら 手が真っ黒に!!

 「ゴシゴシゴシゴシ 大変大変 あさって会社行かないといけないのに ゴシゴシゴシゴシ お尻は・・・ ダイジョブだった」


オット曰く (温泉の成分表を見たらしい) 「Fe2が酸化して黒くなる」のだろうと・・・
貸切は40分ですが、そのうちの10分は足と手をゴシゴシやっていた気がします




朝起きてみると、黒かったのはなくなってました
ということは、ゴシゴシ洗わなくてもよかったんじゃないか? ということ

そしてチェックアウト、下山して上田市へいくことにしました
写真は上田城址の真田神社




抜け穴? お城から脱出したり、逆にこっそりと食糧を持ち込んだりできたとか どこのお城でもこういうのありますね (<城萌えか?)




車で上田市を回っていると、フシギな光景に出会いました
交通標識って、ふつう地面に立てられた棒にくっついてると思うんですが、こちらのはアーケードの屋根から下げられてます

あの棒、結構邪魔だし、景観を考えたらこっちのほうがいいですね~



疲れたので、今日はこの辺で・・・ (何にもしてないくせに疲れる)

イチゴ、温泉旅行に行く その2

今回のお宿は、長野県の 七味温泉、渓山亭さん (←クリック)

温泉宿が4件ほどの秘湯で、他には何もなし・・
ふつうの旅館なので、もちろん イチゴ党首はマイカー・宿泊 です

昨年の野沢温泉にひきつづき、クレートにタオルケットを掛けてオネンネ




今回は炉端つきのお食事宿です


昼間、富岡製糸場見学の際は、もちろん置いていかれワオーンと吠え
妙義神社への参拝では、喜んで引っ張って歩き
七味温泉では、スタスタ歩いて相当疲れたらしく
ご飯食べさせてクレートに放り込んだら、グーグー寝た模様です




ウシシ・・・




やっぱりニッポンって素晴らしいね!




さて、ココで突然アンヨです


この温泉に入った人は、もれなくアンヨや手が黒くなる、という現象
さてナゼだと思いますか?


詳しくは次回!!
プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR