群馬県・沼田市、ドッグラン Celeste(チェレステ)

イチゴともよく一緒に遊びに行っていた友人が、ナゼか 「沼田のドッグランいこう」 と言いだした。
彼女は都内の、我が家よりも北のほうに住んでいて、もっと近くがあると思うんですけど ・・・ と思いつつ、景色もきれいそうだし、ということで行ってきました。

沼田が我が家からは近くはないことは、スミレ出身犬舎よりも関越道で北方にあるので知ってます・・・
でも今日は気持ち悪いくらいに環七、そして関越が空いてました。(<家は8時に出た) なんでだろう。

ばったりとSAのドッグラン前で遭遇し、「現地でねー」と言っていったん別れ、沼田へ。
田舎道すぎて分からなかったのでナビを使ってみると、牛小屋しかない場所を指し 「目的地周辺です、案内を終了します」 と勝手にサヨナラされてしまい、ウロウロしてその手前だと分かりました。

本日は沼田の Celeste (チェレステ) さん です。ワンコ1匹700円、ヒト無料、ドリンクは300円ほど。
可愛いドッググッズを売っていて、ビーグルがあったので大枚はたいて買ってきました。

P5180792.jpg

たしかにいい景色です! 牛小屋からほのかなカホリが漂ってきて、良くはないにしても嫌いなにおいではなく。
そして牛がはべっていて、スミレとゆずはじーっと牛を見つめていました。

095.jpg

ともだちのとこも、同じ犬種で2頭飼い、だけど女の子と男の子。 
イチゴと男の子とは、なんどか一緒に遊びに行きました。 もう9歳なんだって。 早いよね。

06901.jpg

うちの子たちはなんて可愛いんでしょうねー
我々以外のお客さんがいなくて広いドッグラン貸し切り状態だったので、この可愛さを見せつけられなくて残念だわ・・・ (<飼い主バカ丸出し)

17401.jpg

ボールなどの遊具、ウンチ袋・ゴミ箱、水のみ皿などを貸し出してくれます。
この日は日向は暑かったけど日蔭は涼しく、ドッグランにはちょうどいい気候だったかな。

028.jpg

ゆず蔵はこの女の子を追いかけまわしてウザがられ怒られてました。 笑
スミレは違う子に投げられたボールを楽しげに横取りするという、いつもの困った遊びを披露してくれました。

11301.jpg

仲良し姉妹。 ほんと仲良しで、一日中じゃれてますが、ドッグランに来ても 「だいぶ広くなった」 ことを除くと、やっぱり仲良く遊んでいます。 仲良しでほんと良かったわ。

P5180809.jpg

ちっちゃい口で一生懸命ボールを咥えています。

飼い主たちはドリンクをオーダーして、広々して貸切で、きれいな景色が望める屋根付きテーブル&椅子にて寛ぎました。これからの季節、屋根って重要だわ~



ところで・・・ スーちゃんとゆず蔵は、お父さんとお母さんが同じという、本当の姉妹ですが (うまれは9カ月違い)
スーちゃんは美人系でゆず蔵はペチャ系であんま似てないなあ・・・ とずっと思ってました。
しかし驚愕の事実が。 下の写真でみてみると、上がスーちゃん、したがゆず。 ブレーズがちょっと違うんですけども、なんだかソックリ!!  これからもっと似てくるのかしら?

P5180799.jpg
P5180800.jpg

この左右は芝生を植えたばかりの養生中で、右側ではスプリンクラーで散水中。
入れないようにネットは張ってあるものの、犬だと入れちゃう・・・ ということで、お水大好き! なスーちゃんと、お姉ちゃんの後ばかりついていくゆず蔵、スプリンクラーの水でビショビショになる、というハプニングが起きました。
やってくれるね。

とんかつランチして、沼田の道の駅でちょっとお買いものして、関越に乗って帰るぞー!
高速乗ってみると、なんにも渋滞ランプが付いていません。 
「まだ 例の渋滞 始ってないじゃん! このまま埼玉エリア突入だ!」 と一気に走り抜け、三芳のSAで休憩して帰宅。

楽しい一日でした♪
スポンサーサイト

イチゴちゃんの命日です

早いもので、イチゴが天国に旅立って一年が経ちました。

あれからいろんなことがありました。

スミレに出会うまでそんなに時間は掛からなかったけど、いつ次の子に会えるんだろう?と一瞬が永遠みたいな感じでした。



スミレが二ヶ月になるまで少し待ち、私はその間に転職活動をしていました。請われて入った会社だったけど、残る意味がないと、ハッキリとわかったから。

スミレがくる前に、スミレの犬舎のあるオーナーさんが犬を出していたショーをみにいくついでに善光寺の宿坊に泊まりました。
イチゴの名前で札を納めてもらったんですが、住職さんに、イチゴさんというのは、、、??と、戸惑われてしまい、あ、犬です、というと安心してらっしゃいました。
子供をなくしたようには、私たちは見えないはずですから。



宿坊で寝る前に面接対策の原稿書いてたりして、いま考えると笑えますが、ぶじ入りたかった会社一つだけで、転職活動は終わりました。

その辺りでスーちゃんがやってきました。



本日は、イチゴが大好きだった、そして旅立つ3日前に食べてくれた、ウナギの蒲焼でイチゴを偲びました。



そしてゆずがやってきました。

これからも、ビーグルライフは続きます!

チョコレート&ワイン イン 南仏

アビニョンでは、現地ツアーを使うことにしました。
安いし、いろんなところにいけてお得ですから。この日は、チョコレート&ワインというやつで、迎えがきてみたら我が家2人だけでした。



世界遺産ポンドゥガーが見えてきました。ポンが橋の意です。Pontと書きます。

これほんとでかいのよね。
本物の脇にまた橋があって、第二次世界大戦のときに壊されるところが生き延びたとのこと。良かったね。じゃないと私たちの世代は眺めるしかないですから。







これがサンレミイで買ってきたちょこです。
これがこの年で人生初体験!なうまさ。口に残らないんですよ。スーーッとチョコが消えてマジうまいんです。



あとの写真はちがうカメラにあるらしい、ということでこの日のツアー終わりです。
またあとで別に記事を書きましょう。

アビニョン滞在記

リヨンの次は、南仏プロバンスの代表的な都市、アビニョンにやってきました。



なにはさておき、腹ごしらえ!
TGVに乗って移動して、アパートメントに着いたら昼前でした。コインランドリーの場所をさがして目の前のコルシカ料理の店へ
ポテトひとつにも手がこんでいて、なかなか美味かったです。









アビニョンは三泊するので、それなりに満足できるところを、と思っていました。キチネットつきの、古い建物を活かした、Autour du Petit Paradi というアパートメントです。
ダブルベッドルーム、バスシャワー、ダイニング、キッチンで一泊18000円ほどです。
なかなか快適なアパートメントでしたよ。



夕ご飯の一例。ゼミの後輩がくれたラーメン。



朝ごはんの一例。ベーコンエッグです。日本人だから、お箸と味噌汁は必ず持参します。



世界遺産のアビニョンの橋。

さて、次回はチョコレート&ワインのツアーです!

リヨン滞在記

ただいまフランスの、かつては第二の都市、リヨンです。
リヨンは旧市街などが世界遺産に指定されています。



小さいお店、レストランがひしめいてます。バスや地下鉄を使わなくても十分徒歩でも回れるかな?

うちの場合は2日目のメーデーに見所を歩いたので、乗りたくても公共交通機関はまったく動いてませんでしたが。

石畳を歩いて、2日目は山の上の教会へ





歩いて暑くなるほど。
しかしいい眺めです。





ランチとると一時間以上掛かります。
なんかノンビリしてます。

いいお天気の川べりを歩いて、ニッポンジンの私は眠くなりました。笑



今回はほぼすべて、ミニキッチンつきのアパートを予約しました。これで十分。

さー、次はアビニョンだ!

恐ろしい話、fromロンドン

イギリスが愛すべきおバカな国、という持論はこれまでなんども書いてきましたが、自分が被害?にあうと、たまには笑ってるだけでは済まないわけです。

楽しい旅行に出発してロンドンに着き、えらい長蛇の入国待ち列(ご経験済みの方にはわかる!)も突破して、ピカデリーラインに乗って程なく、これからご飯を一緒に楽しむ予定の元同僚からメールが届きました。

ん? なになに? エッ!! ストですと? しかも明後日まで?

サイトをよく読むと、地下鉄近代化計画に反対して(😡反対するな!十分ボロいわ!)、雇用を守るためにストやります、19時半くらいの夜から朝は走りません、朝も7時くらいの出来るだけ早く(😡7時は早くない)から努力して走らせます。移動予定の方は代替のルートを検討されることをお勧めします、サンキュー

てな感じです。

7時から動かす(といっても100パーセントの運行ではないんです)路線ならば、ふつうにシティーで過ごすならまあそんなに問題ないんですけど、あたし達水曜の朝早くにビクトリア駅からガトウィックエクスプレス乗って、ガトウィック空港からフランスに飛ぶんだよね

しかもねー、イギリス人てなんでも諦めちゃってるんだかわかんないんですけど、おとなしくホームで静かに並んで、暴れる人なんていないのです。きっと、電車のせいで遅刻したり店を開けられなくても、誰も責めないんだろうな。

到着翌日はアウトレットとハリーポッターだし、通常じゃないけど動いてるしまあ、ヨシとしましょう。ただバカみたいに混んでるが。

同僚いわく、ロンドンアンダーグラウンドには組合が二つあって、片方がストするからリソース不足で100%の運行ができないんだって。
でもストしてなくても、しょっちゅういい加減な運行してるけどね、、。

それよりなにより、我が家は3日目にフランスへのフライトがあるのよ!8時10分発の

しばらく考えましたが、結局、到着翌朝、安心をお金で買うことに決定しました。ええ、タクシー乗ればいいんですよ。
ということでホテルフロントのお兄ちゃんに頼んで安心してお出掛けしました。ケチな私は非常事態がなければタクシーなんて日本でも乗りませんが、今回は非常事態ですし。

驚くべきことにタクシーは予約の五分前にあたし達を待っていました。
ビクトリア駅に近いウエストケンジントンにわざわざ宿をとったのに、ストのせいで、タクシー代金が20ポンドも掛かったのは、ケチな私としてはなんか釈然としませんが、まあ許してやりましょう。

前日のハリーポッターからの帰り、車内でよその女性のを盗み読みしたところでは、新聞は大混雑の駅構内の写真付きでストの惨状を嘆く論調で、ヒースロー空港から移動する観光客にはterribleな第一印象を与えたはずだ、と書いてましたね。
ピカデリーラインのことまでは気にしてなかったけど、どうなっていたんだろう?

事前に知ってたら考えてから来ますよ。だけどあたしらも気づかなかったしなぁ。それに知ってる都市なら考えようもあるが、土地勘も何もなくて、どうやってやり過ごすのか。

ストって、乗客を人質にしたやり口で、なんか気に入らない。だって公共交通じゃない? スト権は認められててもやるな!と言いたいです。

ニュースでは来週明けには完全に元に戻るだろう、とのこと。あたしがフランスからロンドンに戻るのは火曜だから、それまでになんとかしとけよ、おい。

ガトウィック空港へむかう道はずーっと霧でした。



イギリスもドイツも鉄道が酷いと言われてますが(多分ほかのヨーロッパ諸国も似たようなものだと思う)、30回くらい?行ってる回数の割には被害に合わなかったのに、これはリスト入りかも。

こうやって人間はツヨくなっていくのでありました。

プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR