ビザセンターからすでにインドが始まっていた

インドレポートその2です



えー、ビザね。ビザなんてその場で発給なイメージですけど、前回書いたとおり申請と受け取りで2回もいくんです。場所は田町か神戸にしかないらしい。あー、都民で良かった。これで遠かったら自分で取得する時点で旅行辞めるな。


ビザには二種類あり、いわゆるパスポートに貼るアナログな安いやつと、電子的に申請して到着空港で取得するのとあります。現地の方が良さげな感じしますけど、一度払うと60ドル?だかは間違えたらパーだそうです。電子なんだから直させろよ。

ということで、旅行代理店の推奨はアナログ。で、申請書の入力ね、、、
名前と取得ロケーションにはじまり、すぐその独特の要求に気づきます。

は?名前を変えたか、ですって?日本じゃ女が姓の変更を押し付けられるのよ、イエス、と。

••• アナタの祖父母の名前? なんでだ? 祖父母の出身はどこですかだと? ジャパンに決まってるだろ。

えーと、、、パキスタンとの関係? もち、ありません。

職業やら日本の連絡先やらまだまだながなが続いてほんと嫌になります。が、これやらないとインド行けないもんね!
ということで我慢して頑張ります。



ビザ発給センターにて。

午後は1時半から。あと少しで開始だな。

と待っていると、いかにもインド人な方がランチからか戻ってきました。

ドアが開いたから中に入って、、、椅子がいっぱいあるね。えーと、窓口はどれかしら?


夫と2人で最前列で待てど暮らせどツーリスト、と書かれたカウンターのブラインドは開かず、隣のビジネス向けの窓口ではぺちゃくちゃと喋りながらインドの方と思しき女性数名がゆるゆるとお仕事中。

なんだか乗用車がやってきて、発給センターの脇に止まり、
ここのスタッフかな
と思っていたら、ガラガラと外から窓ガラスを開け(つまり鍵が開いている)、にゅっと手が伸び、室内にあったものを掴んで去っていってしまいました。

室内の人も何も言わないし、なんだここ??
あ、そうか。もうここはインドなんだ。
などと1人でナットクしておりました。

15分は待ったか
スルスルーとブラインドが開いたので、いの一番にカウンターへ!

受取書を待つ間、夫が
なんで手数料1890円なの? 消費税8%なのに?
うん、まあそう思うけど、インドだからね


そして4日後、無事ビザは手続きが終わりました。

ここまでに学んだこと。
ビザ取りが大変
パキスタンとの紛争でピリピリしている
想像通り時間にはかなりルーズである


ビザも取れたし、次はインドに行っちゃおう!
スポンサーサイト

ビザを取るところからインドの旅は始まる

先日、弾丸でインドへ行ってきました。働き始めた頃?にインド行ってみたいなあーと思ったことはあったけど、それはタージマハルの美しい写真に魅せられたから。

いま考えると、当時より柔軟性があり許容範囲が広がった「今」で良かったんではないかと思う。その理由は後でわかります。




きっかけは、海の日あたりに会社の有休推奨日があったこと。
といっても気づいたのはひと月くらいまえなんだが、、、

ヨシ!旅行だ!
ということで夫がなぜか 全日空ビジネスクラスでいくインド
なるコースのリンクを送ってきた。(でも雨季だからメチャ安いんです)
インド? インドなんていままで候補に挙がったことないじゃん、て感じながら、直情径行な秋カボチャは、すぐその考えに乗り行動

ふむふむ、座席確保はリクエストベースか。 ここの代理店の会員だから、申し込んでみるか

とボタンをポチしたところ、2時間くらいで電話がかかってきました

ハイ、秋カボチャです。あどうも、お世話になってます。え? 確保できる? はい、じゃお願いします。

え?ビザですか。 もっと余裕があればお願いできたんでしょうけど、仕方ないから自分でやりますよ。じゃないと旅行行けないですもん。 はーい、じゃ続報お待ちしてます。 ガチャ



ということで、インドはビザが必要らしい。ググってみると、つい最近ビザ取り扱い業者が名称と場所変更したらしく、えらく時間がかかりながら必要情報にたどり着きました。


チャイっ


ふーん、、、田町から徒歩7分、、、 書類提出と受け取りで2回も限られた時間帯に行くんだ、、、 しかもなんだこのアプリケーションフォームは! A4判で4枚も必要情報入れるの?
誰かが、「インドの旅はビザを取るところから始まる」と言ってたのはこのことか。


これに加え、5センチ四方サイズの、背景が白いカラー証明写真も必要です。あと飛行機のeチケットコピーも。ちゃんと出て行くかどうかがポイントなのかしらん。
心配しなくても居残りませんよ。日本が一番素晴らしいことはよく理解してますから。

しかし実際には、ビザを取るところどころか、すでにビザセンターからインドは
始まっていたのでした。

次回に続く!
プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR