フライドチキン事件

ビーグルを少しでもご存知の方なら、ビーグルの体は食欲でできている!
ことは常識です。

スリムな子でもおデブさんでも、ビーグル=食欲

そんなわけで、私もこれまで数々の伝説を聞いてきたわけで、実際、先代犬のイチゴ先生に至っては
ザ•柿の葉寿司事件 を起こしてらっしゃいます。

柿の葉寿司事件とは、今を遡ること四年前
秋カボチャが伯母の法事のあった奈良から柿の葉寿司(大箱)とともに帰宅。
朝に半分食べ、残りの半分(10個)は夜に食べよう~♥︎と、すこし高いところに載せて出社。
だってうちにはイチゴちゃんがいたんだもんね。イチゴちゃんはいい子で、1人でソファでイタズラもせず過ごせる子だったので、常にフリーにしてました。

秋カボチャ様、会社から帰宅~

「うぉー 柿の葉寿司がないー! 一個もないー!」

某然とする秋カボチャの目にふと止まったのは、白い壁に張り付く緑色の小さい物体、、、
「柿の葉、、、

イチゴ先生は柿の葉寿司を10個、みながいない間に堪能したようです。葉っぱもね。イチゴはすし飯が好きな子だったからなぁ~



いや、今日のメイントピックは柿の葉寿司事件じゃありませんでした。

秋カボチャはよく会社隣のデパ地下でランチを買いますが、お気に入りなのがチキンコンボ。月に一度くらい食べると美味しいです。
大きめのフライドチキン4個にフレンチフライがたくさん。全部は食べきれなくてもう一食ぶんくらいあります。

一月ほど前のこと。
明日は伊豆旅行、の金曜にチキンコンボを買い、やっぱり食べ切らないので持ち帰り。あさ夫と2人で片付けようとテーブルに配膳していると、ゆずちゃんが催しているのが見えるじゃないですか。
ゆずはよく人間様のご飯時間に催すんだよね、マッタク。

「ゆずちゃんウンチしてるよー、片付けてー」

ウンチ跡をフキフキしてる夫に目をやると、ゆずがテーブル脇に立っているのがみえました。

「まだ大丈夫、いま捕まえればテーブルは荒らされないわ、ハイ、ゆずちゃん、抱っこだよー

アラ? 咥えてる茶色いものはナニ? ひょっとしてバーク?」

いや、最近遠ざけているバークのわけがない!!
嬉しいものを手に入れた時のゆずの行動、お手手そろえて床をトントンしたのち、コローンと転がっている

そして咥えてお姉ちゃん(スーちゃん)のケージの前に走っていき、「お姉ちゃーん、見て見て、美味しいよー」とでも言うように見せつけながらフライドチキンをあっという間に食べてしまいました。

いつもであれば
「こんな大きいリンゴ食べられない。もっと小さく割って」とノロノロしてるあのゆずが、リンゴより遥かにデカいフライドチキンをガツガツ食べてる。
ほらみろ、やればできるんだよ(怒)

「やりやがったなぁー!」

テーブルの上には、フライドチキン一個分の隙間が妙に残ったお皿が鎮座しておりました。

いつもはもらえるわけがないスパイスと塩味のきいた、そして油の香ばしい香りのするチキンはさぞかし美味しかったことでしょう、ええ。

ひと月たつし、そろそろ次のチキンコンボランチにするかな。


次回は、スーちゃんのセイウチ事件といきますか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR