スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チュニジア教室9 ~グラディエーターたちの闘技場

チュニジアは地中海に面しているので、歴史上絶えずイタリア(ローマ帝国)と領土の奪い合いをしていました

なので、ローマの遺物がたくさん残っています
今日はそのひとつ、エル・ジェムの円形闘技場(世界遺産)をご紹介♪



またこの日も晴れ
外観はとっても美しいカーブを描いています



フィールド部分に入りました
映画「グラディエーター」
をご覧になった方もいらっしゃるでしょう
野蛮なスポーツですわ・・・

と、ここで超久しぶりに 日本人と思しき大集団に遭遇
ちかづいてコッソリと胸のバッチを見ると、かの有名な阪急交通社トラピックスご一行様でした

それはさておき・・・

フィールドの下の階は部屋で、猛獣や犯罪者や異教徒(キリスト教)たちが収容されていたところ

なお、グラディエーターは勝ったら報償がもらえたけれど、異教徒は勝っても何もナシ
というより、死ぬまでここを出られず、無為な闘いを強いられた


99段あるという階段を登って最上階へやってきました
が 97段しかなかったぞ・・・ 私の間違いか、それとも??

眺めが素晴らしく、写真ではわからないけれど、街の向こうそして海まで見渡すことができました


立派な闘技場ですね♪
・・・とココまでゴキゲンに写真を撮りまくっていたら、ウィーン・・・と変な音がしてバッテリー切れ

ま、ココでメインの観光は終わりなのでいいけど



そして次は陶器の町ナブールを紹介しましょう
ここはチュニジアの殆どの陶器を生産している町だそうです

まず、一番うまいという職人さんにご登場願いましょう

年齢は 35 だそうです えーサンジュウゴデスカ?

 ブルーフィッシュコール~♪



手つきは見事なもので、アッという今に4つくらいできちゃいます



日本で使うならコレは テッサ(ふぐ刺し)の皿ですな・・・







買い物は楽しい~♪ そして荷物がだんだんと重くなる~♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

陶器っていいですね。見てるだけで楽しいです。
土産に買うと気を使うし,重くなっちゃいますけどね^^;

35歳かぁ。苦労したんですかね~・・・。

No title

うわぁ~い、見事なろくろ遣いですね!
35歳ですか…何歳から始めたか気になるところです。
私もこの前ろくろを始めたばかりですが、なかなか難しいのですよ。
人のを見てぐにゃっとしちゃうのをついついぷぷぷっとするのですが…明日は我が身…的なむなしさがあります。

No title

最後の写真は陶器やさんですか?
カラフルで楽しいですね~つぼが好いわ~
秋カボチャさんの語学力を疑うわけではありませんが
35年のキャリアで50歳とお見受けしましたが(爆)

bigumaroさん

老けてるんですね、外人ってのは。
道を究めるのに苦労はしたと思いますけど、髪が・・・?

重い陶器セットでかってる女の子いましたよ。で、風呂敷で背負って帰ってました。すごいわあ。

こぶたさん

添乗員さんも「私も始めました」と言ってました。難しいって・・・そう、陶芸ってすばやくやるのもポイントらしいですね。
魔法みたいにいくつもいくつもできちゃって、見事!な手つきでした。

ロックの母さんさん

なるほど・・・年取ってるわけですよ。それは考え付きませんでした。
ニコニコしながらどんどん仕上がっていくのがフシギなくらいでしたけど、それが彼の日常みたいです。
もっと買い物したかったけど、割れるのと重いのが心配で無理でした~
プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。