スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

We LOVE Scotland! 5-エジンバラからObanへ

ずいぶん引っ張りましたが、そろそろスコットランドへ行ってみましょう
ローカルツアー初日は、エジンバラを出発して1、2泊目の地Obanまで





お城そばで見たワンコ
私たちをみて、シッポふりふりで寄ってきました
(飼い主置き去り)

 
 
ところで・・・

チュニジアに引き続き、スコットランドが何処にあるか? 正確に把握してる人は少ないと思うので、外務省の地図を加工してみました



世の中の誰でもご存知のロンドンは、右下に赤枠で囲いました
英国は、このグレートブリテン島と、お隣アイルランドの北方にある北アイルランドから成り立っています

(正式国名は  グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国 といいますの)

またブリテン島には3つの地域が・・・(歴史略)
 ロンドンのある イングラン
 西方の ウェールズ
 島の上方の スコットランド

スコットランドはコバルトブルーで印を付けたよりも上の地域

特にスバラシイのは、紫の点線で示したより北のハイランド
と呼ばれる地域で、もちろん今回も行ってきましたよ

2つの赤いポチは、下の赤ポチがOban、上はPortree
私たちが2泊ずつ泊まったところを示しています


 「え? ブリテン島が世界の何処にあるかわからない?
(そういう方は置いていきます・・・)




スターリング城の下で侍るヒツヂたち
ヒツヂ見ると、ほんとホッとします
ノンビリしててカワイイですからね

 「スコットランドには人間が500万人、ヒツヂが800万匹いるんだって!」




ハイランドキャトル
ハーミッシュ
っていうんだそうです

なんでもデリケートな生き物で、人が手を入れるとパックリいっちゃったりするらしく、バリケードが2重になってます

 「ロン毛のウシ?」




かわいい子ヒツヂたち

この時期(4月中旬)、ヒツヂの子供がたっくさん生まれていて、ホント可愛かったです
お母さんと一緒に寝そべっている姿、オッパイをねだる姿、微笑ましかったですよ~♪




スコットランドらしい、氷河の侵食した地形とオット

 「カメラ、取りに帰ってよかったねぇ」
 「ウフ」
 「いつも何か忘れるんだよねぇ」

私がこの旅でほんとに誇らしかったのは、よその観光客の持つデジカメ、デジイチのほぼ100%が我らニッポンの会社の製品だったことです

デジイチは2名のCanonを除き、あとはみなNIKON
やつらは ニコン じゃなくて ナイコン って読むんだろうなぁ




Obanの海を望む

明日はオットあこがれのスタッファ島へ
実はお天気が良くないといけない孤島・・・結果としていいお天気に恵まれたけど、やっぱり前日は気になって仕方ないですよね



ところで
前回もお話しましたが 英国の物価はバカ高で、毎回外食していては、あほらしくてやってられまへん

なので観光が終ってB&Bへ戻ると、ショッピングバッグを片手にオットとTescoへ!
ブレッド、チーズ、コンビーフ、ハム、りんご、ヨーグルト、ジュース、ビール、サラダ菜
 などを買って、その晩のご飯と翌日のランチに当ててました

 「B&Bはベッド&ブレックファストの略だから、朝ごはんは立派なのがついてます」

今回は2006年のハイランド紀行時の経験(失敗?)を活かし
 ドレッシング(ゆずおろし味)
 パンにつけるチューブチョコ
 サラダを入れるお弁当箱

を持っていきました


カップラーメン数個とインスタント味噌汁は欠かせません
特にお味噌汁は、体が温まってよく眠れますよん

朝から夕方までの観光中におなかが減ったりするので
 キャンディー類
 おせんべい
も必須でゴザイマス

軽い水筒を持っていきましたが、これも重宝しました


さて、明日はスタッファ島へいくよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヒツヂさんに癒されますね。

そうですよね!
同じブリテンの中にありながらイングランドとスコットランドは全く違うんですよね! と、書いている本人は「イングランドに行ったよ!」というのも恥ずかしい、ロンドン近郊しか行ったことなし。イングランドののどかな田園風景も、それはすばらしいと思いますが、やっぱり、ダイナミックな大自然を満喫したいでござる。いつかはマクベスの舞台となったコーダー城とやらにも行ってみたいな。嵐が丘のイメージのヒースの薄紫色で染まるムーアも見たいでござる。あれっ、嵐が丘ってウェールズでした?? よく分からなくなってきました。
旅の必需品、私は○○○フーズのドライ味噌汁を必ず持って行きます。なかなか良いですよ。お試し下さい。ミニサイズのサランラップとジップロップ、お弁当箱代わりにタッパーを持って行きます。帰りには壊れ物を入れて帰ります。はい、チュニジアのときは香水瓶を入れて帰りました。
明日のスタッファ島、楽しみにしています。
あれ、今日はイチゴちゃんの登場は……?

No title

なんだか知らない地名ばかりだわ(笑)
でも、いい勉強になりますなぁ。
いくことないだろうけど、秋かぼちゃさんの記事みてると
行ってみたいよ。
羊さんの背中のピンクは、文字がかいてあるの?

No title

ふ~~~ん
お勉強になるなあ
自然の写真がすばらしい^^動物ものだし
本当に見ているだけですがいいなあと思います^^

No title

飼い主置き去り・・・まるでビグマロのようではありませんか。笑。

英国といっても各地方で特色があるんですね~。
「国」だけじゃなく,この地域がお気に入りって言える秋カボチャさんがステキ☆

きなこ餅さん

ヒツヂ、まじかわいいです。
コレが見たくて行く、というところも実はあります。

えーマクベスですが。このツアーでガイド兼ドライバーがコーダー城の話もしていました。
彼によると、「話が暗いが、城のイメージも暗い」とのこと。
オットの持論によると、「シェークスピアはイングランドの人間なので、スコットランドを皮肉っていたのではないか」とのこと。ちなみに嵐が丘はヨークシャーなので、イングランドでは??と思うのですが。

スコットランドぜひ行ってくださいねえ。日本から連れて行ってくれるバカ高いツアーなど不要です。自分で行けますからね!

びびさん

この現代、お金さえあれば大体どこでも行けます。
ていうほど払ってませんが(笑)
他人の旅行記を参考にして行き場所決めるのもいいですよ!

ヒツヂの背中に書いてあるのは、所属先のようです。
ちゃんと土地は囲ってありますが、番号か、アルファベットでしょう。
いろんな色も使ってかかれていたりします。

サスケ母さん

そうです、自然が素晴らしいんです。
そこに住む人間たちの営みでは許せないところも多々ありますが(笑)
まーそれは限られたやつらであると信じて毎回頑張っております。

bigumaroさん

置いていかれた飼い主は、「けっ東洋人のところなんか行きやがって」と思っているかも?
でもワンコは正直ですから、イヌ好きと分かると寄ってくるからカワイイですね!

そうなんですよ、日本もそうですが、地域によって結構異なります。
でもねー(笑)たしかにスコットランドはいいんだけどさ・・・アハハ(略)
という人間たちと国のシステムはスッゴく困り者です。
生まれるまで頑張るので明日も期待してね!
プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。