伊藤若冲、長沢芦雪など を見に行く


 「階段の曲がり角んとこ、涼しいわよ」
 「たぶん、お尻が冷たい木にくっつくので、涼しいんだと思います」



さて
連休前はちょっぴり大きなことを考えていたりしたけど、結局何も出来ずじまい

 「いつものことだぜ・・・」

そんな昨日、上野の東京国立博物館にて開催中の 対決 -巨匠たちの日本美術を見てきました 

2年位前から、日本で伊藤若冲が脚光を浴び始め・・・
この催しは、画風や作風を対立させたり、スタイルを比較して、仮想対決させてました

運慶 VS 快慶
狩野永徳 VS 長谷川等伯
俵屋宗達 VS 尾形光琳
円山応挙 VS 長沢芦雪
そして、伊藤若冲は曾我蕭白と対決


私の考えでは 
 「こんな年寄り趣味な展示、そんなに混んでないはずよ

甘かった!!






 「ナンでこんなに混んでおるのダーッ!
というくらいドヤドヤと人が集まってきてて、ボード一枚読むのも一苦労

汗がダラダラ流れてきて、タオル片手にウロウロし、あちこちでドシドシぶつかられ・・・隣の人が扇子で扇ごうものなら、汗の臭い  が流れてくるし


でも芦雪の虎図襖なども素晴らしかったし、まあそれなりに満喫できたかな



ところで
8月2日から東京都美術館で フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち が開かれます

出展作品の一部 (カッコ内は自慢)

小路
 (アムス・国立美術館で鑑賞)
ワイングラスをもつ娘
 (マウリッツハウスで鑑賞)
リュートを調弦する女
 (NY・メトロポリタン美術館で鑑賞)
絵画芸術の寓意
 (ウィーン・美術史美術館で鑑賞)

 「けっこう見てるなぁ~ でも行こうっと♪」



ナツはやっぱ文化活動!
東京に住んでて良かった、とたまに思うのはこんなときかねえ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ラブ・フェルメール

そうですか…。私もフェルメール展に行こうと、目下日程を調整中です。8月2日からですよねぇ。ちょうどその日から1泊で江戸出張ですが、時間的に鑑賞は無理。もう1泊したところで月曜日は休館日。お盆の頃は江戸はがら空きでしょうか? そう思うのは「甘い」でしょうか?
階段で涼をとっているイチゴちゃん、ハ・ダ・カなのねぇ…。

No title

そうですよ!東京は何でもありますからね、羨ましいです。
4.5年前に西洋美術館でフェルメール展があった時には偶然用事があり上京したので見ることができました。
日本画は未知の世界だけど、混んでいるんですね(汗)勉強してみよ~か。。。

イチゴちゃんカットしたのね?
小さくなったヒップ見せて~

きなこ餅さん

むかしはガラ空き、なんてこともありましたが、ここんとこないですねえ。たぶんムリです。
今回は東京だけなのでしょうか。もったいない・・・

イチゴ、おフロ上がりだけハダカです。自然乾燥の自然児ですの♪

ロックの母さん

毛を刈った所で、ケツは小さくなりません・・・すっきりしただけでした。

美術館にいけないときは、ネットです、ネット!いまはいい時代ですね、もし上京するときはご一報を・・・って友達多すぎてうちまで回ってこないかな?
プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR