驚くべき文化 -ガイジン・イン・オンセン

2006年、鹿児島・霧島温泉郷・・・ 運命に導かれ
町中が硫黄臭たっぷりの温泉宿で、私たちは出会った
そして思った

オンセンバンザイ!!


 「それまでに、もちろん温泉知ってたよ、だけど再発見っていうのかねぇ」

それ以来、旅行というと温泉宿探しに必死になり、挙句の果てはオットの出張で泊まるビジネスホテルまで温泉で決める羽目に・・・
 「いやこれがあるんですわ、意外に」


・・・ えらく長い前フリでしたが、今日はガイジン・イン・温泉 です


長崎県・雲仙地獄にて


昨年の夏、英語学校で
 「九州旅行でオンセン入るんだ~」とハシャいでいたところ、講師が
 「このクソ暑いのに、何で温泉に入るんだ?」と聞く
 「分かってないねぇ~」

サル山の猿じゃあるまいし、温泉はあったまるだけのところではないのですよ
ヒーリング、リラクシング、ストレッチ エトセトラ・・・



例の EYEWITNESS TRAVEL TOKYO にはこうある
「旅館での最大の違い、かつ外国人にとって最も驚くべきは、お風呂がプライベートではなく公共の施設ということです」

 「それが何か?」

そこから後はまとも一直線で、「日本人よ、読め!」と言いたくなるくらい素晴らしく書けてます

RYOKAN滞在中、たいていの人はYUKATAを着てすごします
ゆったりとした綿のキモノは、休養やゆったりとした気分の象徴です
温泉街では、木でできた高さのある履物GETAとYUKATAで出歩く人もいます
ゆったりとしたジャケット(どてら?)も借りられます
いつ、どこで着るべきか、他の人の例を見て倣いましょう


 「ふむふむ」

男女共用の風呂は、最近ではまれ
ルールがよくわからない場合は、OKAMISANに聞きましょう
お風呂では裸です
基本的な規則として、体をキレイに洗うまで浴槽に浸かってはいけません
お湯は他の人も使うので、洗っていない体、シャンプー、石鹸などでお湯を汚すことは究極のルール違反です


 「よく言ってくれた! っていうか、日本人で出来てない人いるもんねぇ」



ダイスキな雲仙観光ホテル、とってもお薦め!


こう書いてあると まるですべての日本人が温泉の常識を習得しているみたい に感じるけど、なんだかなぁ、って人もいたりする
マナーを会得したガイジンには、「アタシがルールブックよ」って、ぜひ堂々とオンセンをエンジョイしてほしい


我が家の次なるターゲットは、会津若松そばの東山温泉♪



雲仙観光ホテルのロビー レトロがステキ☆


海外にも温泉保養地はバーデンバーデンとかあるけど、ハダカなのは日本だけかも?
トルコでハマム行ってみたけど、あそこはバスローブ着るし、お湯に浸かるんじゃなくて岩盤浴みたいな感じだし



ところでみなさん、夏休みはいつですか?

 「もー、夏休みが待ち遠しいよ~ ホントは夏休みなんかない会社だけど、勝手に休むだけさ・・・」

夏休みのお話きかせてね~  またね~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

秋カボチャさま&イチゴちゃん
こんばんは。
すてきな解説ですね~♪
というか、温泉に入る者の基本中の基本ですね!
あ~~、温泉♪行きたくなりました。

効果は別にして、たまに銭湯も行くと楽しめますよ、ふふふ。

こぶたさん

ウム。銭湯ですか。最近行ってませんねえ、必要ないもんですから。
祖母の家で葬儀があったとき以来でしょうかねえ。でもいいですよね、お外でお風呂。
西洋じゃ冬でもシャワーじゃないですか?なんか物足りないを通り越して、もの悲しいです(笑)

温泉・・・待ち遠しい・・・

No title

外人さなん向けにこういう風に解説してあるのですね よく理解できると 思うけど・・
でも日本人でもマナー分かってない人もいますよね
ああー! 温泉にいきたい!
東山温泉 私もこんなレトロのところ
大好きです イチゴちゃんは 夏休みどこかにいくのかしら?

ランままさん

温泉行きたいですよね、ほんと。よくわかります、その気持ち。

イチゴは・・・次は異種犬とのふれあい会が予定されています。お盆のころ・・・仲良くできるだろうか。
プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR