岩手・花巻 -台温泉はホッカホカ

バスツアーは猊鼻渓を楽しんだ後、一関で数人をおろし、温泉地へ行くお客さんを送っていきます



私とオットだけ、コースにない温泉を選んでオプショナルツアーに参加したので隣の花巻温泉で下ろしてもらいました

 「タクシー・・・ あ、あった」

バスガイドさんは「1メーターほどで」と言ったが、たっぷり×2メーターぶん追加されて本日のお宿に到着!

 台温泉 松田屋旅館(本館) (<クリック)

さーおフロですよ、おフロ♪  このときをずーぅっと待っていたんだから 
温泉独り占め
だった入浴後は・・・




ひろい炉端焼会場(炉端テーブルが5台)に、ナント「イチゴのお世話係2名様」だけ!!

ニヤニヤしながら憧れの炉端焼でお食事 (注:別館には炉端はなく、本館宿泊者のみ)




おいしいもんで、食べても食べても、まだ食べられる・・・私たち




たしかふたり男性がいたはずだけど・・・と仲居のオバチャンに聞いてみると
 「1人でお越しの方で、お部屋でお召し上がりですよ やっぱり1人で炉端は寂しいんでしょうねえ」

 (内なる叫び)「寂しくても炉端だろー、やっぱー」




 「お客さん、今日でよかったですよ 昨日はここ満席で、けむりがモウモウでしたから・・・ ではごゆっくり・・・」


 「ガハハハハハ」

ムシャムシャ・・・ パクパク・・・




(注:エビとホタテと生シイタケは、イチゴの愛人の胃袋に納まりました)
 「あ~、この宿選んでよかったーッ」 (注:旅のコーディネイトはいつも秋カボチャ)
 「また来よう!」 (言うだけで、なんにもしない)

炉端テーブルは顔が火照ってあったかいんだけど・・・足元が冷えてきました
てことでまたもやおフロです!
ここのお湯はウッスラと硫黄の香りで秋カボチャ好み
野沢も最高な硫黄泉だったなあ・・・




そう、ここの宿は建物が古いからか、スペース確保のためか、トイレは共同
でもそれ知ってて来たから覚悟は出来てるもんね

 「ふー 覚悟はしててもサブイな」
キー バタン
 「おっ! ウォシュレットで便座あったかいぞ!」

とここで、究極な選択肢を妄想するのがダイスキな秋カボチャ、便座に座って一人考えました
 「空間はサブくて・便座はあったか(台温泉)と、空間はアッツイ・便座はチベタイ(エゲレス含む外国)、どっちがいいかな?」


ま、それはさておき
豪雪が二日前に降ったので、屋根の上はエラい雪
それが夕方からの雨で解け始めたのか、たまにズルズルッとすべり・・・



バサーッ  ドドーーンッ


 ドキッ!







★★★ 心残り ★★★
 「前沢牛 を帰りの昼に食べようと思ったが、駅の付近はなにもなかった」

悲しい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

炉端焼き ヤケドしそうに熱いのを食べれるのですから 最高ですよね
それも貸切状態。。
こうして 次が次に食べるのですから
旅行に行くと 必ず体重が増えているのでは・

私は お部屋全体が温かい方が良いわ
小さい処は 我慢できるもの・

ランままさん

便座の暖かい日本に住んでいてよかったと心から思う秋カボチャです。海外のリッパな厚みの便器はもー激・サムですから。

炉端焼良かったですー。これだけで「また来よう!」と思うんですもの。
旅行ではなるべく歩くことにしています(笑) 太ると困りますからね!

あれ~??

あのさ、私、ここにこないだコメント書いたはずなのに、写ってね~や。なんでだろ~。
まぁいいや
風情のある旅館やね。こんなの大好きやわ~。夜はちと怖いけどね、そこが又いいんだよなぁ~~・
寒いのはやだけどぉ。

びびさん

この古さがなんともいえないんですよね~
私も同じく寒いのは嫌いで、たぶん住むことはできませんが、一泊だと覚悟も出来てて結構楽しかったです。温泉サイコー!
プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR