2009秋、英国旅行 「英国の食事は本当にマズいのか?」

日本人の私は白いコメが一番!

旅行は好きなんだけど、「食べ物」という点では割と苦しいです、これが。
うちはあまりパン食べないし、毎回毎回パン、サンドウィッチ、パニーニ、バゲットと言われると、数日でウンザリ・・・。

たぶん私は冷たい食べ物が嫌い (アイスクリームを除く) だから余計だろうな。


 (現地ツアー4日目にホテルのパブレストランで食べたビーフストロガノフ♪ 最初「ない」って言われたけど、ありました。これ結構美味しかった。豆もいい色でしょう)


日本人でパン食多い方もいると思いますが、でもその「パン」が日本のと違う んです。
どうもバサバサ、パサパサしてる。


パッケージツアーでチュニジア行ったときにもウンザリして、テーブルでうっかり、「パン嫌いなんで」とこぼしたら、他の女性が聞こえるように「私は毎日でも平気です!」って言ってたなあ
私に対抗してるつもりだったのかしら・・・ (意味ねー)

結局チュニジアでは パンなし で過ごしましたよ  ほほほー


 (同じくレストランのオットのリゾット。 チェスターフィールドでチーズ買ったので、今週末はリゾット祭りにしちゃうぞ ウシシ)


スーパーに行くと、日本の食パンの半分の厚みのヤツが「ローフ」と呼ばれる単位で大袋 (日本で言うところの4斤くらい入ってる) で売られてます。
パサパサなので、トーストしてバターかジャムでも塗らないとムリ (私は)。
これが平気にならない限り、私は西洋では生きていけないなあ。 旅行だけだからいいかぁ。


じゃあ毎朝どうしてるかというと、ホテルならまず100%シリアル(=コーンフレーク)食べます!
シリアルが嫌いじゃなくてホントよかった♪ ケロッグの定番のヤツと、もう一種類を混ぜて、クリスプ(=パリパリの状態を指す)じゃなくて、牛乳にべちゃべちゃに浸して食べます!



 (ロンドンのお気に入りインディアンレストラン、Gaylordのシシケバブなど。これがウマいんですの)


しかしながら、 「イギリスは食事が不味い」と言われることには、全面的には賛同しかねます

なぜなら 他の国もたいしたことない し、イギリスだけを「特別に不味い」ということもないよなあ、ということで。
強いて言うなら、「イギリス料理には美味しい食べ物が少ない」 (同じか?)。



 (同じくGaylordのカレー。 これも激ウマで、この右下のがポテト入ってるんだけど、ベストオブベスト!)


私が思う、イギリスで普通に手に入るウマいもの
とは、
 ベーコン(日本と違い厚みがあってカリッと焼くと超・美味い)
 たまご(白身も黄身もプルンとしててツルンと美味い。6個250円ほどと高い。)
 フィッシュ&チップス(安物は除く。ビネガーかけるとなお美味い)
 ビール(ブランドに拠る。冷えてなくても飲める)


あと街中で売られている野菜、安くてウマそう。実際、自分で調理すると美味しいですもん。じゃがいもは蒸かしてバターつけるとウマいですよん♪
果物とかも超お安いし、マッシュルームに至っては、1パウンドで1ポンドですって!!



 (同じくGaylordのデザート。今までの写真の分にコーヒーがついて、24.5ポンド、約3500円。お安い♪ オットがアイス余らせたので、倍くらい食べました。シアワセ)


で問題は「調理」。
ランチで良く見かけるプレート料理(6~9ポンド程度)には、メインがスライスしたビーフかポークかチキン、それにpeaと呼ばれるグリーンピース、chipsと呼ばれるフレンチフライ、パイ、それとbeansと呼ばれる豆のケチャップ煮などが載ってます。

これがpeaも、beansも茹で過ぎで色が悪い。 (-_-;)
スープだと葉っぱものが茹で過ぎでクタクタ
それと「下味」という習慣がないらしく、単に茹でたり煮たりするだけらしい。 こんなことだからフランス人にバカにされるんだってば。



ロンドンへ行ったら、エスニック料理を試されることをお勧めします。
お勧めは、写真でも紹介した ロンドン、オックスフォードサーカス駅から徒歩3分のGaylord
お客はインド人ばっか(笑) リーズナブルな料金でウマいし、内装もオシャレ。駅降りて通り2本ほど北上、Mortimer Streetにあります。

そんな辛くないと思うんだけど、店員さん(全員インド人。笑)は気を遣って、「ヨーグルト持って来ようか?」と聞く。いらないね~。




成田のANAラウンジにて
かまぼこにANAと印字されてるのが笑える。うどんとラーメンなら毎日食べられるね。もちろん白いコメもね!




さて、次回は「こんな動物に出会った」をお送りします!
意外なものがいましたよ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

見た感じ とっても美味しいそうだけど
やはりイギリスは 美味しいものがないのですか・
コーンフレーク やはり牛乳を沢山いれて食べたけど そういえばこの頃食べてません

動物編 とっても楽しみにしています

No title

秋カボチャさま&イチゴちゃん
こんばんは
楽しいレポート始まってますね!
チェコでもgreen peaのスープありましたの!
でもグリーンピースなのかよく分からなくて。これってbeans?てなことも聞いてみましたが、やっぱりgreen peaはgreen peaだよ!って言われて(気がして)ま、頼んでみましょ♪と頼んだらグリーンピースでした。
英語もさっぱりなんですけど、チェコ語はよりいっそうさっぱり???でした…。
旅行では食文化が一番違いを感じるかもしれませんね。でもそれがまた楽しいのですけど。
次のレポートも楽しみにしています。

No title

★ランままさん

例えば日本で美味しくないものを出す店があるとします(あまり知りませんが)。そういった類の「まずい」ではないと思います。まず基本的に西洋ですから、塩、バター、油、チーズなどで味をつけてしまうんです。もうあとは「好き・嫌い」の問題ではないでしょうか。今まで20カ国以上行きましたが、「うまい」と思ったのはスペインのバールと、中国だけ。あとは「うーん?」でした。イギリスもその一つです。

やはり日本のように「素材を生かす」国は珍しいのでは。私はフランス料理などもいじりすぎだと思ってますし。日本が一番ですよ。あるトルコ人は、東京にいる間にご飯がおいしすぎて10キロ太ったと話してくれました。

No title

★こぶたさん

そーそーチェコねー。わが道行ってるから、英語もあまり話せませんよね?(ドイツだって、年寄りはドイツ語だけ)かなり昔に行きましたっけ・・・。
ビーンズは、日本でもマズい缶詰売ってますが、ああいった「うずら豆」の類です。ピーはそのとおりピー。オットは英語どころか、ちっともそういったルールを覚えないので、想像と違ったものが出てくるらしい(アホですな)。ヨーロッパいくとスープが間違いないですよね。とりあえず普通野菜入ってますし。

やつらは生まれてこの方ずっとああいった料理なんですよね。だから太るんだよ!と見てて面白いです。

No title

秋カボチャ様、
あはは、野菜ゆですぎですか??
あれはあれで慣れると結構美味しいんですけどね~、下味無しもね。
私は慣れちゃったので全然平気~~。
(学校給食もテーブルの上の塩と胡椒が頼り!)
生クリームに砂糖も邪道だと思いますしね。
パンは・・・田舎のお店で焼いている所で買えば・・・。
ただ、スーパーなどで売っているものはバツ!!
でもイギリスで美味しいものが食べたかったら
カレー(めちゃ美味しい!)か中華ですよね・・・・。
あ、ボウモア、知ったかで失礼しました・・・。
どこで見たか思い出しました、3年くらい前かな?地下鉄の車輌に広告があって5カ所くらい綺麗な写真と産地が!!

No title

学校給食に塩と胡椒・・・それは驚きです。でも「つけすぎ」よりは、自分で味付けられるほうがいいかな?
美味しい店もあるんで、「イギリスってぇー、食事まずいから行きたくないしぃー」と言うひとがいると、反応してしまいます(笑)
やっぱカレーはうまいんですね。良かったです。安心しました。ちょっと英語ヘンだけど(笑)愛想は悪くないし。

あ、ボウモアね、一応地名でもあるみたいですよ。小さなこじんまりとした、キレイな町でした。
プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR