トルコ周遊8日間9 イスタンブルは見どころいっぱい

まだまだ寒い2月上旬ですが、いかがお過ごしですか?


さてトルコ イスタンブールの観光へ参りまーす



たぶん、観光に必ず組み込まれてるグランドバザール
とはいっても、たいした物はないですけど・・・ それに買うの、私みたいな人間には結構うっとうしいんです

なぜって、いちいち、「高い、まけろ」「まだ高い、XYZリラにまけろ」と、延々とやらないといけないんだもんね

しかし姉のネックレス、ゲット いいの買えましたん♪




このキャビアショップで、トルコアイスの素をゲット! あとアップルチャイの葉っぱ

ここで解散前に我らのガイドMr.シナン曰く
 「50分自由時間というと、人によっては長すぎてすることがないと言います とくに 年寄り ね」
 「年寄り・・・ ご高齢の方、か、ご年配の方、がいいと思いマス」




これも、ツーリストにはゴールデンなスポット 「ブルーモスク」

外観じゃなくて、内部のタイルが青かった んです
いまは剥落してて、あまり残ってないそうです


 「ここで秋カボチャ、旅のガイド・・・ ブルーモスクに限らず、イスラム圏でモスクを見学されるご予定の方、航空会社が機内でくれる靴下を持ってお出かけくださいませ 靴は必ず脱がされるけど、足が汚れないし、寒さ対策にもばっちりですよ」
(エジプト旅行で添乗員さんに習った)




イスラムの何たるかは殆ど知識がないけれど、私結構イスラム圏好きなんです
モスクも好き

ここは美しいですよ




ブルーモスクの内部見学が終わったので、外に出て歩いてます
ここは非常に寒々しい感じのする噴水と、ブルーモスク




次はアヤソフィア キリスト教とイスラム教が混在している建物です
ここは大好きなスポット

よく見ると、歩いている人がほんとに小さく写ってるでしょう?
どれだけ大きな建物かわかりますね




アヤソフィアは、モザイクも美しいんです
場所によってはとってもきれいに残っています




見返りモザイク (勝手に命名)




これは地下宮殿 かつての貯水池
メドゥーサの頭が・・・ たしかメドゥーサの目を見ると、見た人が石に変わる、という話ですが、もうすでにメドゥーサのほうが石ですな




ブルブルの観光の途中のランチ 

これがデザートと、ついに出ましたトルココーヒー (お皿もオサレ)
この菓子がねえ、激アマ
例えるなら、カステラを砂糖たっぷりのシロップにしこたま浸して食べてる、てな感じでしょうかね

べちゃべちゃしてるんだもん




これ、トプカプ宮殿のハレムのタイル
15トルコリラもとられたけど、タイルが見ごたえあったんで、値段のことは文句言いません (日本円で1000円追加くらい)



さて、次回はオットが心奪われたあるモノと、リッツカールトンホテルを紹介します!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

秋カボチャさま&イチゴちゃん
こんにちは~!
あぁ~♪モスクってやっぱり素敵ですね!
まだ訪れたことはないのですが、いつか雰囲気を味わいに訪れたいです。
思ったより、中はど~んと広そうですね!
海外の教会や建物って天井がとても高いので
よりいっそう広さを感じます。
そして日本にはない何とも言えない空気感が
ほ~ぅ!すてき!!!って気持ちにさせるんですよね~。
心奪われたあるモノってなんでしょう…???気になります。

こぶたさん

モスクは広いですよ。基本、空間です。キリスト教とちがって、偶像崇拝が禁止なので、植物の絵のタイルくらいしかありません。あと柱もすくないですね。丸くて。そこが特徴的だと思います。
まあ、近いうちぜひ。

心奪われたのは、おなかから下の動きですよ おほほ・・・ (続く)

No title

アヤソフィア!入れなかった・・・。
時間がなかった・・・。くっそー。
うらやましすぎますよ!
やっぱり広いんですね。
ブルーモスクと間にある公園が結構気に入ってたりします。

よっこさん

前回は、天候が悪くてボスポラス海峡クルーズが中止になり、ガイドさんが代替でアヤソフィアに連れて行ってくれました。「これがコースに入ってないの?」と真剣に感動しました。
今回はコースに含まれてたのでまた行けました。それでボスポラス海峡クルーズも無事いけて、ほんといい旅でしたよ。
プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR