スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW四国の旅 足摺岬は遠かった、そして

さて、四国の旅二日目です!
この日は足摺岬から高知市内を経て、徳島は祖谷渓の温泉地まで行かなくちゃならないんです

え? 計画に無理があるって?
不可能を可能にするのが、我が家の旅行ですから・・・ 

ちなみに、今回の旅行の総レンタカー移動距離は 700キロ でした


てことで、足摺岬です



足摺岬はGWになると (5月1日からかな?) クルマの通行が禁止と聞いてたんですけど、行ってナットク見てナットク

観光客を遠ざけるくらい道が狭いんです それに駐車場も狭すぎる
訪問が4月29、30でよかったですわ

上はホテルの敷地からの眺め ここは素晴らしい眺めでしたよ~




ところで、いままで四国には3、4回行って、いわゆる「霊場」には20箇所くらい行ってたんですけど、オットと

 「せっかくだからご朱印集めようか」
 「そうしようか」
ということになって、今回は納経帖買って、納経所も行くことにしました (1納経につき300円要)

っていっても、ナンチャッテ霊場めぐり ですのでクルマです
時間ナイですから・・・






これが四国最南端にある霊場です (38番、金剛福寺か?)

とってもきれいに整備されたお寺で、場所も場所なので観光客がいっぱいでした




これは岩本寺だと思います 37番
須崎から足摺までは2つしかなくて、とても長い距離を歩かなくちゃいけないんです

でも一生懸命歩いている方を、何度か見かけました
体に気をつけて頑張っていただきたい、と思いました




これが納経所でして、混んでいたら並びます
見かけたのはすべて女性の方でしたが、梵字でサラサラッ、と勢いよく書き上げてくださいました



そして須崎を経由して、ここからは自動車専用道路で高知市内へ
ランチをしたかったので、13時には着きたいなあ、と思っていたら間に合いました



昼食は、私の大好きな高知出身の作家、宮尾登美子さんが小説 「陽き(日へんに軍)楼」 の舞台にした得月楼に行きたかったんですよね~

ちゃんと個室で食べさせてくれました
まあお値段は2600円とかするんですけど・・・ 価値ありました!




これはほかの方の食べた個室でしたけど、空いてて&庭の眺めが素晴らしいので、入っていてお写真撮っちゃいました

建物は文化財みたいです
ここはお勧めです はりまや橋のすぐ脇にあって、足の便もいいですから




そしてやっぱり、大好きな 竹林寺 (31番)へ!
青もみじを見るためだけにでも、ここは行く価値があります

苔むした岩なども、素朴でステキです







竹林寺

四国のお寺は、拝観料を取る京都などと違ってもちろん豪奢なところはありませんが、ほんとに素朴で、しかもお遍路さんが多いからかとてもきれいにしてあります

心の落ち着く、静かなお寺が多いです



次回も ナンチャッテお遍路さん はつづきまーす!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。