スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USにて -ワシントン、Mayflower Renaissance Hotel

US第三弾

今回、ワシントンでは 「メイフラワールネッサンスホテル」 に泊まりました
見つけたのは偶然・・・ チョイと調べてみたら、断然ここに泊まりたくなったんですよね

駅からも至近なのにも関わらず、割と静かなところです


ロビーからホテル奥を眺める

ホテルのチェックインは15時なんだけど、14時前に着きました
フロントのおじさんが、「 とってもいい部屋 だからね (と2回言った)、準備が済むまで待ってその部屋に入るのがいいよ、お勧めだから・・・ 携帯に連絡してあげる」 と言うので、「じゃあ観光行ってくる」 と荷物を預けました 



果たして・・・・ ほんとにいい部屋でした・・・ 


ドアを開けると 6畳もの広さのただの空間 があり、その向こうがこのソファやテレビ、デスク、マントルピースなどがあるこの部屋

滞在プラン名は、「エスケープ! ロマンス スイートルーム 朝食付き 到着時にシャンパンをサービス」 というやつ


お値段? お値段は一泊一室26000円くらいかな (つまり1人13000円)
日本でも旅館に泊まったら一人15000円はするでしょ?


オットはこのデスクで、英語学校の予習をやってました

ここではわりとノンビリして、シャワー浴びて部屋のバスローブを羽織ってサッカー見たり、オリーブ食べたり
まあ初日はシャンパン飲んだので、グルングルンになって、寝ちゃいましたけども オホホ



広いには広いなりの苦労があって、水を汲むにもトコトコ歩いて蛇口までが遠いんです (<貧乏性)

水道口が2つあるので、朝 「まだ?」 とかもないし



海外に良くある 「トイレ・おフロ一室」 じゃなくて、独立トイレだから、安心してゆっくり入れます

しかし 広い・・ じゃなくて 長いんですよ、このトイレ
向こう岸まで2.5メートルはありました ウォシュレットがあれば言うことナシです



この 「バスタブと洗面台とシャワーブース」 よりも狭いワンルーム、日本には沢山ありますわ



ベッドルーム
ホントはツインがいいんだけどね 歩き疲れてたので、二晩ともグッスリ寝ました



クローゼットだけで、うちのベッドよりも広い
左側にもまだスペースがあります

なんとこのなかで、2人で荷物を詰めてても大丈夫な広さでした


このメイフラワールネッサンスホテル、ワシントンのランドマーク的存在でもあったらしく、大統領が就任演説したあとのパーティーを恒例に行っていたり、レジデンスエリアには、かのジョン・F・ケネディが滞在していたこともあったそうです
(と、廊下のパネルに書いてあった)


これがそのボールルーム 大統領の就任パーティーをやっていた場所だとか
いまは違うようですが

あと、ここ Pets Welcome なんです!
実際にワンコ連れてロビー闊歩してる人も見ましたよ

ロビーに直結して、英国の高級シャツメーカー、トーマス・ピンクもテナント入ってます


ワシントンでホテルをお探しの方、ぜひここへどうぞ♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

秋カボチャさま&イチゴちゃん
こんばんは!
とっても素敵なホテルですね~!
偶然でも見つけ出せるなんて素敵です~!
滞在気分、存分に味わえました♪ありがとうございます。
さて、世の中の方々とかな~り時差のある私ですが、大変お待たせ致しまして…ようやくイチゴちゃんマンガが出来ましたので明日郵送致します!(必ず!)
合格出来るとよいです…。
では~!

こぶたさん

マンガ、超たのしみねー♪ 次はふたコママンガお願いします。(礼) 今度はカンタンでもっと笑えますから。

ここに泊まったおかげでホテルチョイスに幅が広がりました。ANAのマイルもたまるのよ♪
プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。