スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ3 ダッハウ強制収容所・BMW博物館、そしてベルリンへ

ミュンヘン3日目

この日は、ミュンヘンへ行くと決めた時から訪問を決めていた、ドイツの負の歴史の一部 ダッハウ強制収容所 へ行ってきました

大寒波で果たして郊外のダッハウへいけるだろうか? と行くのを一時危ぶんでもいたんですけど、こういう寒い時も収容された無実の人たちはシャツ1枚で労働を強いられていたんですよね

だから、ぜひその寒さを感じたい、とも思いました




ドイツやポーランドなど合わせて強制収容所がいくつかあるか知りませんが、複数の収容所に書かれたこの言葉 わりと有名ですね
「労働は自由に通ず」

どういうつもりでこれを書いたんだろう?


このダッハウ強制収容所はドイツで初めて作られた収容所で、もとは政治犯を収容していたそうです
当時はまだ自由があって、たかーい金額を払えば、大したことない食料も買えたらしい




たしかここ、もとは皮なめし工房 (政治犯向け施設の頃かな)

白い柱の部分に茶色い箇所が見えますけど、ユダヤ人むけの施設になってからここに棒を渡して、上から人を吊るしていた というようなことが書いてありました

ちゃんと英語が併記してあるので助かるね
ドイツ語ぜんぜん分からないんだもん (似ていたり、超簡単だと知ってますが 汗)




高い塔は監視用
逃亡者がいたら、ここから撃ってたのね ・・・




この並木の両脇には、当時平屋建ての収容施設、作業施設がありました




ガス室

エジプトでカサカサに乾いてしぼんだミイラ見ても平気だったけど、さすがにここに入った時は息が苦しくなりました
ここだけ天井が低いのが分かると思います
そのせいか、余計に息苦しい感じでした



そして現代のミュンヘンへ



この日はベルリンへ移動しなくてはいけないんです
だから急いで ホーフブロイハウス でランチ

最初の旅行記で書いたけど、ここ体育館みたいに巨大なビアホールで、入っても誰もテーブル案内とかしてくれません
ぐるぐる歩いてやっとかなり奥のほうで空いたテーブル発見!

英語メニューもあるんだかわからんし (前日のシュパーテンハウスには英語メニューあった) ドイツ語で分かる範囲で必死で読んでオーダー




ミュンヘン名物 ヴァイスブルスト (白ソーセージ)
Renaissance Munich Hotel にも、ベルリンの Courtyard by Marriott にも、朝食でこれがありました
とっても大きなソーセージで、柔らかいんです




急いで、急いで、次のスポットへ
4気筒ビルと呼ばれるここは、ミュンヘンに本拠地を持つ BMWの本社

うちの車BMなんで、とりあえず行っとこう、て感じ

そうそうBMWって バイエルンの(B) 車の(M) 会社(W) の略らしい
そんなこと知らんよね~
手前のお椀の親分みたいなのがBMW博物館で、日本語のオーディオガイドもありますよ




BMWヴェルトという建物がショールーム兼納車場だそうで、大変な人気です
だって入場料タダだもんね
最新の車が置いてあるし


雑巾オジサンみたいなスタッフがいて、入場者がベタベタ触った手のあとをゴシゴシ拭いてボディのツヤツヤを保ってました




今も続く大ヒットラインナップ、BMW7シリーズ、5シリーズ、3シリーズは1970年台の開発
ロングセラーだなぁ




 「こういうクラシックな車もいいわね・・・ おひとつ頂くわ!」




なんでもトライしてみることは厭わない私ですが、今回ミュンヘンからベルリンの移動は、当初ANAと同じスターアライアンスグループのルフトハンザに乗ってマイルをためるつもりでした



ルフトハンザが14000円、エアベルリンが7500円、と言われたら即考え直すわね
ということで、初めての体験、エアベルリン!
チェックインが手早いし、お姉さん可愛くて愛想いいし
(笑顔で  「ドイツ語わから・・・ ないわね」 言いつつ英語で対応)

いい感じでした、エアベルリン 
2012年、JALと同じワンワールド加盟予定)




18:55発、20:05ベルリン着
バスと地下鉄乗り継いで、着いたぞ、ベルリン!

ということでマリオット系ホテル2件目 
またもやスイート (50平米) だけどこれで 1泊18500円くらい


ウッフッフ 明日は美術館三昧だ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。