スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ6そしてロンドン1 ベルリンからロンドンへ

楽しかったドイツ旅行も、この日で最後・・・ そして我らは毎度おなじみロンドンへ向かいます (14時の便)

てことで12時くらいまではベルリンをフラフラ出来るので、まず  壁博物館 へ行ってきました
(写真がない・・・)
もちろん ベルリン東西を隔てていた悪名高きあの壁 のことで、崩壊は1989年のことでしたね やけに覚えてるな

奇跡的なほどうまく脱出に成功した人、悲しいことに撃たれてなくなってしまった人、とても沢山のドラマが展示してあるんだけど、あまり見る時間なかった



つぎは 東ドイツの生活はこうでした、が展示されている DDR博物館 へ



ジプシーと思しき女性たちがいて、「英語はなせる? 英語?」 と声を掛けてきたりする箇所をスルー




東の役人 (おエライさん) の机を再現してあるんだけど、扉を開けるとアルコールの瓶がズラリ並んでいる、というオチ

あとは当時のアパート室内の再現とか、どれだけ質のいい製品を東ドイツ内でまかなっていたか、等の展示
お土産買えるかと思ったけど、最後までドイツはだめだった




ということで名残惜しいドイツに別れを告げて、我々はTegel空港からブリティッシュ・エアウェイズに乗って、一路ロンドン・ヒースロー空港へ向かいます!



開業当時かなり話題を振りまいた (もち、ネガティブな方向に) ヒースローのターミナル5、初体験
ものすごい近代風 (無機質ともいう) でビックリ

地下鉄 Piccadillyライン に乗ってお宿に最寄りの Holborn へ向かいます




地下鉄やバスで使えるオイスターカード (スマートカード) を持っているので、とりあえずチャージしておこうと自動券売機へ

 「ロンドンでは、日本で言うところのチャージ を Top up っていうんですって」

早速ロンドンらしいことに、機械には Notes Accepted (お札使えます) とエラそーに書いてあるくせに、画面ではポンド札にバツの絵

 「想定の範囲内  てか、お札使えるくらいで自慢するな!」

えらそう、と言えば Change Given (おつりあります) も笑える表示のひとつ

 「お釣りもない自動券売機なんかに電源入れておくな!」


このバカバカしい愛らしさがロンドンです 笑




リフトはオートマティックだそうで、呼ぶボタンがないので一瞬マヂで探しちゃいました 
自動で感知して籠がやってくるんだそうです
(すぐ壊れるな、きっと)


1時間もゴトゴト揺られてやってきました Holborn!
母は 「いいわねー ロンドンは落ち着くわね」 という (単に回数の問題)

 「うちは趣味が偏ってましてね・・・ いまでは足の指も使わないと訪英回数を数えられないわ」


今回のベストホテル Renaissance Chancely Court Hotel



またもや Marriott 系のホテル
ここ最高! 次回からロンドンは絶対ここに泊まるわ! (決定)

なにかの館かと思うほどの天井の高さ、重厚さ
雰囲気のよさ 普通に取ったら ¥30,000/1泊 くらいかな
(つまり、うちは普通には取っていない、ということ)




ミュンヘンからだんだんと母の部屋が近づいてきて、今回はコネクティング・ルームでお隣り
コミュニケーションもとりやすくていいわ

天井の高いステキなお部屋で、日本のテレビ番組も見られました
この時点で18時前くらいだったので、荷物を置いてハロッズへお買い物に行きました




朝食はすこし外を出たところに入り口
ここのマーブル柱もステキねえ ほんと重厚でゴージャス感たっぷり

朝ごはんはもちろんフル・イングリッシュ・ブレックファスト
ドイツよりやはりベーコンはイギリスですな


インドかパキスタン系の男性スタッフが働いていて、なんと日本語でご挨拶!
聞けば岐阜の自動車工場で2年働いていたんだそうです (出稼ぎかな?)
そのあと国へ帰って→ヒルトンで修行して、いまはここで働いているとか

自分で資金を作ってステップアップする逞しさ、聞いてて感動しました




秋カボチャはパン嫌いなので、必ず海外ではシリアルを食べます
問題はそれにかける牛乳で、ここでは semi-skimmed milk しか見当たらないので、また別のスタッフに聞いてみました
(スキムミルクまずいから嫌い)

 「あー エクスキューズミー? ここには full-fat milk ないの?」
 「whole milk (全乳) でございますね?」
 「・・・・ そうデス (だからそう言ってんじゃん) 」

 「テーブルにおいてございます」
 (あーコーヒーとか紅茶用ね) 「アイシー、サンキュー」


たのしくビューティフルな朝食を楽しんだ我ら (というか私と母)
 「熱っぽい 買い物言って、終わったらホテル帰るわ」
という体の弱いオットと別行動でロンドン探訪にしゅっぱーつ!


次回に続く!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

秋カボチャさま
こんばんは~!
遅ればせながらお帰りなさい!
ドイツ、イギリスの旅、楽しませていただいております~!
ほんとに秋カボチャさんのレポートは訪れた気になれるので大好きです!
すでにベーコンおかわりした気分ですよ♪ふふふ。
さむ~いドイツも楽しかったですが、 イギリスもどんな旅だったのか、続きが待たれます。

No title

こぶたさん

イギリス行って、ぜひベーコン試してください。「まずい」とかいう世間にはびこる誤解を打ち破る楽しい経験ができると思います!

旅行記ブログのほうもかかなきゃあ。
プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。