ふたたび東北へ! ゆらゆら・・秋田の竿燈まつり

二日目の夜は、ツアーの究極の目的、秋田の竿灯祭りです

なんどか書きましたが、竿燈祭りをモチーフにした藤城清治氏の影絵をみて、なんてすごいんだろう、これは実物を見てみたい と思った秋カボチャとそのオット

やっとチャンスが巡ってきました
しかもお天気も良くなってきたし♪


昼間は技能大会もあるんですって 夜はろうそくに火をともして、とても長い竿に提灯をいっぱいつけて演技開始!



まずは一斉に会場に入場してきます
もちろん企業がスポンサーなんだけど、演技は基本的に地元の町内会が技を伝承していまに至る・・・ きっといっぱい練習しているんだろうと思います



大人の竿燈だと、50キロ以上
これを、手のひら、おでこ、腰、などにバランス良く載せていきます

上手な人だと殆ど竿灯が揺れないので、ろうそくも消えず、さらにうまいひとになると、日の丸の扇子を演技中に広げたりします
小さな和傘を広げた人もいて、拍手大喝采 みんな大喜び

あとつぎつぎ竿を足して長くしていく上級者もあり
とても現実世界とは思えない長さでビックリです

静かな演技のイメージがあったけど、ねぶたと同じくお囃子隊がかならずくっついているので賑やか、華やかに進行



ひとり何十秒くらいかな・・・ 後ろに次の演技者がついて、竿を譲り受け、演技は続きます

ビックリしたのが、小さな子供も演技をしてること!
子供はもっと小さくて短くて軽いけど、でもほんとに小さな子たちが一生懸命やっている姿、とても微笑ましかったです



揺れたり倒れかけたりして消えたろうそくは、移動時にチャッカマンで点火 笑

同じ団体がずっと前にいるんじゃなくて、移動があります



終わったら、ふれあいタイムがあって、一緒にお写真撮ったり、竿燈に触ったりできます

面白かった竿燈祭り
また見たい、と思いました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR