2011なんじゃこりゃUK ~ウェールズ編

今回のUK旅行は、ウェールズ、スコットランド、イングランドという、北アイルランドを除くUKのすべての地域に行ってきたことになります

しかもかなりお得な旅でしてね・・・


その1
 (行きの成田にて)
 「さーラウンジでのんびりしませう」
 「あれ? 搭乗券がない あれ? どこ行ったんだろう」
 「・・・・」 (怒りで無言)

でも問題なく再発行してもらえました
そろそろ搭乗時間だから、とトイレに向かおうとすると、私とオットがフルネームで呼ばれ、ラウンジのカウンターまで来い、と言っている・・・

 「あたし行かない あんた聞いてらっしゃい」
てっきりチケットなくして怒られると思ってたんだけど、な、なんとビジネスにアップグレードしてもらえました
 「天国の心地~」

その2
 (最後のロンドンのホテルにて)
 「ウェルカムバック、ミス・秋カボチャ あなたの(1月の)滞在は記録されています アップグレードいたします」
 (内心、小躍り) 「このホテル、大好き! また絶対泊るわ!」 

バカでかい部屋
にアップグレードしてもらえました!

その3
 (ロンドン・ヒースロー空港にて)
 「ナヌ? プレミアムエコノミーですって? タダで?」
またアップグレードできました イヒ



さて・・・ まいどまいどのことですが、海外に行くと、「なんじゃこれ?」というものを一生懸命探します
今回はあんまり見つけられなかったなあ



正確にはこれはウェールズじゃなくて、翌日のウェールズ行きに備えて1泊とったパディントン駅そばのメルキュールホテル

この便器、矢印の部分が広くてお尻が落ちそう
一瞬焦りました 日本にはこんなのないわ
オットにはそんな写真撮るな、って言われたけど、ネタを逃す手はないわ



ウェールズの首都、カーディフに向かうGreat Westernの列車内

飛行機みたいに画面がついてるんだけど、カフェテリアで3ポンドちょいでイアホンとパスワードを買うと映画も見られます



カーディフ城でチーズフェスティバルが開かれてました

腹が減ったのでバーガーを買いました
ブタちゃん・・・・



カッスルクーム 赤い城という意味のかわいらしいお城

駐車場の木に貼ってある注意書き
ウェールズも独自の言語があります かならず併記してあるけど、みんな英語話すのよね
でもウェールズも訛りきつかったなあ



ケールフリー城

この大破してる塔は、16世紀からずーっと11°以上傾いてるんだそうです
パンフには、「ピサの斜塔は3°ですが、ケールフリーは11°です!」 みたいな文句が


 「自慢する事か? オイ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

秋カボチャ様、イチゴ党首、
う~~む、生きて居られましたか!!
良かった良かった、って今年の風邪はやっかいだよね。
私も鼻水ズルズルがもう1週間・・・七五三が来るのに・・・。
グレードアップの旅に身体がビックラこいちゃった??
イギリスの便座?そういえば危険なのが結構あったかも。
この傾いたお城、傾いたから崩れてるのか?
崩れたから傾いたのか??凄いバランス感覚~~♪
早く治して下さいね(笑)

No title

たっぺねーさん

ご心配をおかけしましたあ

この塔はなんでしょうねえ 自慢するほどのことないと思うんですけど、放置してたら気が付いたらえらく古かった、てなとこですか。
ウェールズはもう少し回りたいね、といって帰ってきましたよ。
プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR