スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェールズ5 ウェールズ民俗博物館!

この日は19時にホテルに預けた荷物をピックアップして19時半頃の電車で再びロンドンへ向かう予定でした

ということでランチしてからまだまだ時間がある我々、欲張ってウェールズ民俗博物館 (ただしほぼ屋外) に行くことにしました
またローカルバスね ウェールズはバス使えれば簡単かもね


カーディフの郊外に、むかしのウェールズの家を移築したりしてる場所です
家ばかりじゃなくて商店もあったけど、あんまり写真撮ってないなあ
撮っちゃいけなかったんだっけ・・・ 記憶にない



きれいなお庭
近くにヒツヂもいました



イングリッシュガーデンの趣き
とにかく広大な博物館なので、手入れは相当大変だと思うな ・・・



このときもバスの運ちゃんがちゃんと気を利かせて下ろしてくれたんだけど、この先のほうに見える出口のそばで下車で

これね、正門じゃないので、開いてないの
一瞬、ここまで来たのに今日空いてないの?? とオットと二人で暴れるところでした 笑

ここからえらーい遠く&坂の上まで行かされちゃった
そこが正門 でっかい駐車場もあります
この日は社会科見学らしき 中学生? 高校生? が集団でバスで来てましたよ



なま豚だ! しかも超デカい!
(でも秋カボチャは実はブタちゃん大好き ←かわいいし)

スタスタ、てくてくと沢山歩いて、バスが来るころにバス停へ

しかし・・・ 待てど暮らせどバスが来ない
ここで現地人のばーちゃん達にバスの時刻を聞かれ、また訛り? でわけのわからない会話で苦しむ
(たまに分かる)

そうこうしているうちに、バス停で1時間
まだ電車には余裕で間に合うけど、下の道路まででようか、とみんなで歩きかけたらバスがきた

こんどはアル中らしきオッサンにからまれるオット
このオッサンも何しゃべってるか理解不能な箇所、かなり多し



ぶじカーディフ中心地に戻り、お買いものも完了
ホテルで荷物をピックアップし、カーディフセントラル駅に向かいました
これからまたロンドンへもどり、あるものを利用するんです・・・

大きな駅



なんかちょっと目を引いたヘンな看板、と思ったのでパチリ
ここで乗客を降ろして車内の清掃や整備をしたりするのでしょう
実際、乗車はもっと前方のホームに再度停車してやってたからね

Train being prepared という書き方は、おそらく日本人に英訳させたら無理でしょう (たぶんもっと長くなる)



はい、これでございます ロンドンに戻ってきた理由は
ユーストン駅からスコットランド・エジンバラまでいく、夜行列車のカレドニアンスリーパー

いっぺん乗ってみたい、と思ってて
値段も大したことないの 日本だと寝台ってえらく高かったけど、驚きの安さです

驚くのは安さだけじゃなく、狭さ!!
バリ狭い!
わたしら日本人男女でも狭いのに、デカい西洋人の男二人とかどうなっちゃうんだろう?

こんなことなら一等にすればよかったと後悔 そっちも大した値段じゃなく、飛行機か列車でエジンバラへ行ってホテル泊るのと比べたら、半分くらいで済むんだし


風呂には入れない、という日本人になら理解してもらえる苦しみを我慢し、顔洗って歯磨いてオヤスミナサイ
私はよく寝れました よく揺れたけど
オットは寝られなかったらしい


さー 目が覚めたらスコットランドよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。