スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田満喫の旅2013 その2 竿燈祭りだ!

お盆より前のこの季節、東北ではお祭りが催されます
青森のねぶた(各地で種々あり)、仙台の七夕祭り、岩手のさんさ踊り、福島のわらじ祭り、などなど・・・

私のイチオシはいうまでもなく 秋田の竿燈祭り  なんたって3度目だもんね
毎年8月3~6日に開かれてます


しかし・・・ それはそれは予約でいっぱいになってツアーじゃないとホテルなんて全然とれませんが
今回もANAの旅作でフライト&鶴の湯だけ予約し、秋田市内のホテルはギリギリ空いていたビジネスホテルを押さえた、というわけ
(5月末に予約)

後から参戦の母にいたっては、「和風ビジネス旅館」 がなんとか取れたので、まあヨシとしましょう



さて、夜本番です


竿燈の前に各種団体のパレードが行われて、なぜか銀河系の遥か彼方から帝国軍のみなさんもおいでになりました



稲穂が輝いているみたいで、とってもきれいです

今回は228本だったかの竿燈がエントリーしていて、史上最多だそう
入場後定位置について演技をおこない、その後2度移動して、それぞれ違う団体が眼の前にきます



竿燈大通り、と名付けられたメインストリートいっぱいに竿が繰り出して、どこまでも輝く稲穂が並びます



もっとも大きなタイプのこれは50キロ超で、演技者は交代しながら手のひら、額、肩、腰、と竿を移動させてバランスを保ちます

それだけなんだけど、うまければブレずにじっとしているし、ブレなければろうそくも消えずにいるというわけ
そしてバックのお囃子もとてもいいんです

うまい人だと
 演技中に扇子を開いて舞わせたり
 同じく演技中に和傘を開いてみたり
 竿を継ぎ足してどんどん長くする

ことによって難易度を上げるようです

3度目の演技になったので、少し歩いて他のも見ながら繁華街へ向かい始めると、すごい団体に遭遇



何本継ぎ足しているのかわからないけど、見たことないほど竿がしなってる!!

ふつうは竿の底?というのか平たい部分を持つんだけど、ここは竿の垂直部分を体に載せてました  じゃないと持てないしね・・・ いやーすごい こんなの見たことなかったな



繁華街へ移動して夫がなんどか利用したことがあるという居酒屋さんへ
そこのママが 「戻り竿燈がくるよー」 と教えてくれたので外へでてみると、演技が行われてました


いやいや、楽しかった竿燈祭り
静に見えて実に動な、ダイナミックなお祭りです


さーて次回は
秋田南部の蔵の町へいってみまーす♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。