サンフランシスコで手に入れたビーグルグッズ

サンフランシスコでの会議2日目は、3時くらいに終了しました。

会場のホテルに泊まれたのでとても楽で、荷物を置いて着替え、さっさと人気エリアに出かけました。

ピア39という、まあ埠頭の番号ですが、そこに個性的なお店がいっぱいあって面白い、とあったのでまず向かいました。

しばらく歩き、個性的、の意味がわかります。うーむ、買い物できないではないか。

と思ったら、ありました!ワンコのお店!



あらゆる犬種の、あらゆるグッズがあります。ちと高い気がするけど、あたしはクレジットカードトラブルも解消したし払えます!



ビーグルルール、とあるこれ、これは一目で買おうと決めました。なんかこの子、スーちゃんに似てるなあ。

このルールてやつが面白いんです。十個のルールで成り立ってましてね

1⃣ ビーグルは家の中にはいるのは禁止だ
2⃣ さてと、家の中にはいっていい、ただし決まった部屋だけだぞ
3⃣ どの部屋に入ってもいいことにしよう、だけど家具には触るなよ
4⃣ ビーグルが触ることを許されるのは古い家具だけだからな
5⃣ よしよし、どの家具に座ってもいいとしよう、だけど人間とベッドで寝るのはダメだ
6⃣ わかった、わかった。ベッドの上で寝てもいい。だけど招待された時だけだぞ
7⃣ ビーグルは好きな時にベッドで寝ていい。だけどカバーの下に潜るなよ
8⃣ ビーグルはカバーの下に潜って毎晩寝ていい
9⃣ 寝るときは、カバーをかけて一緒に寝ていいかビーグルに聞いてみないとダメだ
10 議論の的になるあらゆる場面で、、、ビーグルルール!


というものです。
なんかクスッときちゃうでしょ。


そして買い物も終わり、路面電車で中心部へ戻ろうと待合所で立っていました。
すると旅行客らしき夫婦の旦那のほうがやってきて、これはー?あれか?中心部へ行くやつか?
と聞くのでイエスと答える。

いくらだ? とまた聞くので、ここで私は単にトゥーと答えたんですわ。

そしたらオヤジ、問い返して曰く、2ユーロか?

ゆーろぉ??

時差ボケのせいかわからないけど、突然オヤジに異次元空間に連れていかれ、一瞬、今あたしは何処にいるんだっけ? という疑問がグルグル渦巻いて不覚にもうろたえました。

奥方が慌てて、2ドルよね??と助け舟を出してくれました。爆



私はなぜか、よく海外でなんか尋ねられるんです。どうみてもヨソモノなんだけど。
どこどこはこの方角でいいのか? とロンドンで尋ねられたりとか、そんな感じ。

全身で、尋ねるなよオーラでも出してみますか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

autumnal pumpkin

Author:autumnal pumpkin
2代目スミレを2013年6月、3代目ゆずを2014年3月に迎え、新たなビーグル生活をスタートしました。
旅行が大好きですぐどこかへ飛んでいってしまう、イギリスフリークな会社員の毎日をつづります!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR